FC2ブログ

【続】 レオミクの健康診断結果から。

さて、前回の続き。大切な我が子の記録、特に心配な状況を記録して、今後の状況も残そうかと思います。
心配はレオンの心臓。 僧帽弁閉鎖不全症。 発見は、三年前にお世話になっている動物病院で、心臓の雑音を指摘されたことでした。

症状は、咳、疲れやすいなどの見た目の症状。といった症状です。 残念なのは、手術をして弁を取り換えるといった外科的な処置を除き、治療できないことかと思います。 投薬で進行を遅らせるしかありません。 もちろん、レオンの年齢では心臓の手術は考えられませんでした。
このまま悪化していくと、発咳運動時の失神などが心配ですが、最も嫌なのは、肺水腫です。 逆流した血液が肺に溜まり、 酸素と二酸化炭素の空気交換がスムーズに出来ない状態です。

怪しい症状が出たら相談が無難ですね。
・食欲が落ちる
・元気がなく、寝ているなどの時間が長い
・散歩を嫌がる、歩かない
・カッカッという咳、痰を吐き出すような深い咳
・呼吸が荒く、苦しそう
・舌や歯茎の色が紫色
・ふらつき、失神

もう一つは心臓の影。これは1か月後の検査で再確認です。

レントゲン1
(お写真、お借りしました)

レオンのレントゲンの写真が上手く取れず、お借りしたもので。
影が見えたのは、丸の部分。 もし、何らかの悪性のものであっても、手術ができる部位ではありません。 まず、何よりもはっきりさせて、それからと思います。 現時点では、半年前にはモヤモヤしていたものが、少しはっきりしてきた感じです。何かは今は不明です。 CTスキャンをするにしても全身麻酔は今は怖いですから、様子見。

経過観察で、いろいろな心配があるものの、先送りしていって、健康寿命を延ばしてあげたいと願っています。


とはいえ、今までと変わらず元気なレオミク(^^♪。

レオミク

年齢相応に、目や耳も悪くなってきています。 それでも、笑顔といつもの悪戯っ子ぶりに、我が家の喧騒は変わらずです。 これからも、レオミクの観察と記録を怠らず、日常を送って行かねばと思います。 ちゃんと感じてあげなきゃ、と鈍感な我が身を叱咤しつつ(;^ω^)。 

いつも、観ているからね。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
レオミク家の大事な愛しいレオン君とミク君が、元気でいられますように!!
レオン君の心臓とミク君の目がこれ以上進行しませんように!
お祈りしています。

シオンママ様へ

コメントありがとうございます。
いつも優しいお言葉をありがとうございます。なんか、暗い記事でしたが(汗)、半年に一度の健康診断ですから、甘く考えないようにと思いまして。
発見して対処管理して、の繰り返しだけが、私達が出来ることですから(^ ^)。まだまだ元気全開、秋になったら遊んでくださいませ。また、シオンちゃんとミクの激闘(笑)も見たいですよ〜(^ ^)。
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

レオミク’sパパ

Author:レオミク’sパパ
レオン(セーブル)享年15歳
  2003.6.5~2018.9.12
ミク(ブルーマール)享年15歳
  2003.12.22~2019.4.3
アラン(セーブル)
  我が家でお預かり~正式譲渡
シュガー(セーブル)
  2019.11.25~ 

 我が家のシェルティ、レオンとミクを愛する夫婦の日記です。そんなレオンは2018年9月に虹の橋を渡り、ミクも2019年の春を迎えた後、天国へと旅立ってしまいました。我が家のブログは、これからも永遠に、愛おしいレオン&ミクの思い出を綴ります。

 2020年4月から、縁あってお預かりをさせて頂いていたアラン君は、おかげさまで正式譲渡になりました。アラン君とご家族様の未来を応援しています!

 そして、2020年10月18日、お世話になっている保護団体様との御縁に恵まれ、シュガーをお迎えしました。我が家の三男坊は超元気印。楽しい鎌倉散歩を綴りたいと思います!

お誕生日まであと幾つ寝ると...
Life With Sheepdog
シェルティ・レスキュー
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ