大阪城散歩、総集編です!

楽しかった大阪城散歩、しつこく、総集編でございます(笑)。 といっても、お気に入りの場所を再度掲載って感じですが(^▽^;)。
歴史マニアでは!?と思う、パパさんとママさんにご案内頂き、勉強させてもらった歴史散策になりました。

→ こりーちゃいますねん、しぇるてぃーですねん

総集編1

さて、まずは、レオン君のお気に入りの一枚から(笑)。レオン君、可愛いフロールさんに、笑顔が弾けていますな(^^)/。


総集編2

いっぱい撫で撫でされて、上機嫌だったレオン君(^^)/。 良かったねえ。


総集編3

撫でてもらいながらでも (^▽^;)、 周囲の良い匂いにすぐ気が散る我が家の翁💦。 ま、いつものことですな(笑)。


総集編4

溺愛っぷりが半端ないパパさん(^^♪。分かりますよ~! シェル親の皆さん、同じです(笑)。 ともかく、溺愛ですね~。


溺愛2

ママさんも、溺愛ですな(笑)。 フロールさん、幸せですよ~!


そしてついに、私とレオン君の前に雄大な姿を見せてくれた大阪城。圧巻ですねえ(@^^)/~~~。

総集編5

天正11年(1583)、秀吉さん、石山本願寺跡に大坂城の普請を開始。信長の後継者を自認する太閤さん、信長自慢の安土城を凌駕するぞ~と、号令をかけたのでしょうね(^^♪。


お城2

当時の大天守は外観5層、鯱瓦や飾り瓦等、黄金に飾られ、財宝が溢れた夢の城だったのでしょうね。 特に、本丸は、徳川再築のものと、堀の形状から天守の位置などまで全く異なり、石垣複雑で立体的に構築されていたとのこと。 当時、観れた人たちは幸せでした。


お城

勇壮な大阪城パチリの最中、度々、ずいっと入ってくるレオン君(笑)。 我が家の子達は写真が好きで💦。 あのね、あとで撮るから待っててね"(-""-)"、と何度もお願い(笑)。


蛸石2

再び登場! 見応えがある巨石! 大きいですね。 


蛸石

桜門のこの蛸石、京橋門の肥後石、桜門の振袖石。 大阪城の巨石ベスト3で、池田輝政の3男、岡山藩主・池田忠雄が寄進、備前(岡山)産の花崗岩だそうですね。


しばし歩くと、ひっそりと姿を留める、この碑にご案内頂きました。 碑面には、「豊臣秀頼 淀殿ら自刃の地」と刻まれています。 豊臣秀頼と母・淀殿、そして臣下の武将や侍女30余名が自決した場所ということですね。

総集編66

正確には、そういわれている場所に過ぎません。 大坂夏の陣の時の大阪城はそもそも、地中深く眠っています。 とはいえ、淀殿の最期を目撃した人はおらず、遺体もなかったも言われています。 信長の妹・お市の方と、浅井長政の娘。 おそらく、誇り高き、英雄の質があった方だったのでしょう。


総集編6

英雄が築いた城は悲喜こもごもですが、そんなノスタルジックな雰囲気をあっさり吹き飛ばすお二人(笑)。 楽しいねえ(^◇^)。


総集編7

観える角度、周囲の景色で顔を変える城の横顔、でも、何処から見ても勇壮ですねえ(^◇^)。 難攻不落って感じですな。


しばし歩いて、これまたご案内頂いた、石山本願寺跡。 英雄、蓮如に始まる石山本願寺の歴史はまた謎に満ちてますね。

本願寺1

本願寺教団の本山として発展、戦国の一大勢力でしたが、信長との石山合戦の末、天正8年(1580年)に、顕如が明け渡し、後に焼亡。 大阪城公園辺りがその跡地なのでしょうかね。


大手門

大手門1

こちらは、大手門です。 城の正面玄関です。 寛永五年(1628)年、徳川幕府による大坂城再建時に創建されたそうです。正面玄関に相応しく、鉄板張りのすっごい建造物ですね、人気があります。


大阪城に、あって欲しくない物も、ありました。
第二次世界大戦の爪痕に、ご案内して頂きました。 明治維新後、大阪城内の敷地は陸軍用地に使われました。 敷地内にはアジア最大規模の軍事工場があったと聞きます。その為か、大阪大空襲で米軍の攻撃目標となりました。

総集編991

「山里丸石垣の機銃掃射痕」という立て看板が設置されています。観光客の方々は、これを観ているでしょうかね。 素通りされているなら、ちょっと悲しいかな(T_T)。

空襲の際、大阪城天守閣にも1トン爆弾が投下され、天守の石垣の東北隅と西南隅に1発ずつ命中し、石垣がずれている姿が観られます。痛々しいです。天守閣の屋根にも無数の焼夷弾が落とされたといいます。


総集編992

ここは、伝説の英雄たちの夢、まさに、「国盗り物語」完結のお城です。 近現代の戦争の爪痕で、こんな風に汚してよい場所ではありません。


楽しい散策、本当に最後の最後でした。

船

なんと、眼の前に奇蹟が! 来年は乗りたいですね(笑)。皆さん、楽しそうですよ!


またね2

どアップでし~(*^^*)。 可愛いねえ~。


またね

たくさんのフロールさんの笑顔に、レオン君も笑顔が弾けた一日でした。


「露とおち露と消えにし我が身かな 浪速のことも夢のまた夢」



最後までご覧頂き、ありがとうございました。
フーパパ様、フーママ様、そしてフロールさん、素敵な大阪城の時空を超えた旅をありがとうございました。 また、面白い歴史のお話、ご案内をお待ちしております!

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございますー
すっ凄いこの歴史観、流石レオミクパパさんです‼︎

パパさんの記事で西の感覚ばかりでご案内してた事に今頃気付いた私です(^◇^;)

埼玉のお客様の時も太閤さんは大阪では絶大な人気なんですかぁ?
っと不思議そうに言われた事もありました(^^;;

もっと勉強しなくっちゃー

フロールへの溺愛お恥ずかしいー二人とも声が変わります(笑)

No title

大阪遠征お疲れ様でした(^^)/
いつもながらパパさんの行動力に脱帽です!!

大阪までは新幹線ですか?
レオン君も長旅お疲れ様(*^-^*)
レオン君の楽しそうな表情にいつも癒されます

大阪城って聞くとコンサート会場のイメージしか無かったけど
巨大な石垣にはビックリです!!
行くときはしっかり歴史を勉強しなくちゃ(^-^;

No title

こんばんは^ ^
大阪城!近いのに行っていないんです。
ワンコと一緒に間近で見られるんですね(o^^o)
太閤さんのお城・・・。
今の大阪城は家康の再築なんですね〜。へー!
好きなのに!秀吉も家康も!この時代も!
なので、観光してるように拝見させていただきました^ ^
所々、レオン君とお友達のフロールさんのカワイイ案内付きで
実際行くより良かったかも(笑)
ムスメがうぎゃー!とか言って逃走する癖がなくなったら
是非是非行ってみたいなぁと思いました(o^^o)

No title

レオミクパパさんの弾丸大阪道中、楽しく拝見いたしました!
フロールちゃんとレオン君の仲良しぶりが、とても伝わってきましたよ(o^。^o)

今日の記事はまた含蓄があって、引き込まれてしまいました。
今まで大阪城については、天守閣がド~ンという写真しか見ることがなかったので、
こんなにたくさんの見所があることは知りませんでした(>_<)
わんこと一緒にお散歩できるとは、ますますカメラを持って出かけてくなりますね。
秀吉の辞世の句で締めくくるなんて、かっこ良い!
さすがです(^o^)v

フーママ様へ

コメントありがとうございます。
とんでもありません(^^;;。ほとんど、いろいろ案内して頂いて、詳しく教えてくださったことばかりですから〜( ^ω^ )。私こそ、お二人の知識に脱帽です。
やはり、実際の姿を見ると、全然違いますね〜。すべてが雄々しく、まさしく、これは太閤さんのお城だと感じます( ^ω^ )。レオンと歩く夢も、叶いました‼️

Flickまま様へ

コメントありがとうございます。
相変わらず、何も考えず(笑)、レオンと新幹線で、大阪まで楽しい旅をしてきました( ^ω^ )。
大阪城一箇所でしたが、イベントもあり、広大なお城散歩を、お互いの愛犬を溺愛しながら(笑)、とても楽しく過ごせました。何より、レオンがずっと笑顔でした。
シェル友さんの御案内、凄い贅沢で、ありがたかったです。

ルイズ様へ

コメントありがとうございます。
フーママさんパパさんのおかげで、贅沢で、楽しい大阪城散歩になりました( ^ω^ )。
たぶん、1人で行っていたら、全然違った記事になったと思います。ワンコにも優しいお城や広大な公園で、大勢のワン達がご主人と、散策を楽しんでました。

それにしても、毎日、こんなに贅沢なお散歩が出来るのかと(^^;;、羨ましい限りでしたあ( ^ω^ )。

レイフ様へ

コメントありがとうございます。
またもや、無茶な感じもありましたが(笑)、大阪遠征してまいりました。フーママさんパパさんのおかげで、とても楽しい時間が過ごせました。フロールさんと、レオン、兄妹のようでした( ^ω^ )。
私のパチリでは、大阪城の雄大さは伝わらず(>_<)。レイフパパさんならば凄い絵になるなあ、なんて、思っちゃいました^ - ^。
プロフィール

レオミク’sパパ

Author:レオミク’sパパ
レオン(セーブル)
  2003.6.5生まれ
ミク (ブルーマール)
  2003.12.22生まれ

我が家のシェルティ、レオンとミクを溺愛する夫婦の日記です。一緒に暮らし初めて、今年で14歳のレオミク。2014年の1月からブログを開始。沢山の思い出を残そうと頑張ってます。

お誕生日まであと幾つ寝ると...
シェルティ・レスキュー
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ