源氏山から化粧坂を通って鎌倉へ(^^♪。

さて、今回はミク君と鎌倉お寺散歩のお話(^^♪。

源氏山

鎌倉へ素直に行かず、北鎌倉の浄智寺脇から源氏山ハイキングコースへ(^^♪。 ここから化粧坂まで一気に行くルートで!


源氏山1

大好きな源氏山ハイキングコースは、相変わらずミクには刺激的(^^♪。 脇を走り抜けたリスをガン見(笑)。 楽しいよね!


源氏山2

源氏山3

いつもはゆっくりする葛原岡神社、こもれび広場をあっさりと通過します。 さあ、ミク、頑張ってよ! 


久しぶりの化粧坂切通しへ! 上から見ると、凄い切通しの様相が(;^ω^)。 でも、ミクもエンジン全開で突進!

源氏山4

化粧坂切通し。 仮粧坂とも表記されます。 「鎌倉七口」 と呼ばれる切通しの一つ、屈指の難所でもあります。

ちなみに、
・極楽寺坂切通
・大仏切通
・化粧坂
・亀ヶ谷坂
・巨福呂坂
・朝夷奈(朝比奈)切通
・名越切通


源氏山5
(どのルートを通るか悩むミク(笑)

1333年、新田義貞は、鎌倉幕府を滅ぼすべく、攻め込んだ激戦の地。 わずか80メートルという短い坂道でしかないこの切通しですが、 新田軍を苦しめたそうですよ。

葛原岡を通って鎌倉へ入る切通し、武蔵方面へ通じる主要な出入り口として、鎌倉の防御上重要な意味をもっていたこともよくわかります。 

源氏山6

名の由来はいろいろあるそうです。 平家の武将の首を化粧して首実検した説も有力なようです。 
鎌倉幕府末期、日野俊基が処刑されたのも、この地ですね。 今も厚く祀られています。 


源氏山7

整備された亀ヶ谷坂のような切通しと違い、今でも鎌倉時代が偲ばれる難所の風情に溢れていますよヾ(≧▽≦)ノ。 レオミクも大好きです~。


源氏山8

さあ、どう進むかな(^^♪。 キョロキョロ、悩むのも楽しいねえ。


源氏山9

こういう難所で、歩けるルートを見つける能力に長けているのはミクの方です。 ちなみに、レオンはあっさりと諦めて、「抱っこしていいよ」 (笑)、と言ってきます(汗)。


源氏山90

アドレナリン全開だねえ。 ハイキングされている方々に、いっぱい褒めてもらって、ご機嫌のミクですよ!


源氏山91

さあ、力を合わせて降りたら、目の前はもう鎌倉の地。 お寺巡りをしようね。 ちなみに、帰りもこの化粧坂を登って元の道を帰るからね~。


鎌倉散歩、次回へ続きます!



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

レオミク’sパパ

Author:レオミク’sパパ
レオン(セーブル)
  2003.6.5生まれ
ミク (ブルーマール)
  2003.12.22生まれ

我が家のシェルティ、レオンとミクを溺愛する夫婦の日記です。一緒に暮らし初めて、今年で15歳を迎えるレオミク。2014年の1月からブログを開始。沢山の思い出を残そうと思います。

お誕生日まであと幾つ寝ると...
シェルティ・レスキュー
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ