FC2ブログ

レオンの「胸水」悪化、治療の記録。

さて、まずは先日、横浜散歩をした時のお話(^^♪。 横浜の春はいつも賑わっています!

横浜1

横浜市が、昨年開催した第33回全国都市緑化よこはまフェアをきっかけに盛り上がった 「ガーデンネックレス横浜」 を2018年も開催(^^♪。


横浜2

綺麗な景色にレオミクもニコニコ(^^♪。 このお話はまた後程(^^♪。


★ ★ ★ ★ ★

今回は、昨日のレオンの記録として。 
次回の記事にしますが、プラーナ和漢自然医療アニマルクリニックの森先生に一昨日、見て頂いた際に、心臓が弱っているとのご指摘を頂きました。 胸水の悪化の懸念も。 お散歩は短く、まず心肺機能の回復を、と。

数日前から下痢や、咳の悪化があって、相談していたこともあり、覚悟はしていましたがちょっとショックでした。 様子を観ていたつもりでしたが、少し甘かったかなと思いました。

そして、昨日、森先生のお話もあり、急ぎ、かかりつけの先生に診て頂きました。 最大の懸念は胸水です。 普段の呼吸困難な様子までは無いものの、咳の回数が増えていました。 しかも、咳の大きさ、長さがこれまでとは異なっていました。


そもそもレオンの胸水は、かかりつけ医の健康診断で軽度な状況とされながらも発見。

胸水1
(2017年10月)

胸水2
(2018年1月)

3か月ほど前、1月の健康診断のレントゲン。 心臓の周囲を覆うぼんやりとした影。 胸水、心臓から逆流した血液などの可能性も含めて、要監視、というお話でした。

体内の水分を代謝する機能に異常が発生したことにより、心臓や肺を包んでいる胸膜に、漏れ出した体液や血液が溜る胸水。 今回は血液のようでした。 僧帽弁閉鎖不全症、あるいは、癌などが原因として疑われるため、胸水は病理検査へ。 結果は1週間後くらい。

咳がひどくなったら、胸水を抜かなきゃ、と注意していましたが、元気な様子のレオンにちょっと油断していた私。 結果、レントゲンを新たにとると、この影がさらに真っ白に。 先生の判断もあって、胸水を抜こう、ということになって、抜いていただきました。 500ccを越える量でした(;゚Д゚)。 


今になって考えれば・・・、

レオン

こうして横になって寝ていたレオンですが。


レオン2

最近は横になって寝ているよりも、こうして伏せて寝ていることが多くなっていました。 横になって寝ると、溜った胸水が肺を圧迫するなどして呼吸が辛くなり、 こうした態勢で寝るようになってきたのかと ・・・。


胸水を抜いてきたレオン。

レオン3

頑張ったね。 この後、楽になったからか、横になって寝てくれてました。 

昨年も春先、体調を大きく崩したレオン。 気温の予想外の上下、気圧の変化がもたらす体調への影響は、シニアの身体を蝕んでいるかな。 

しばし、お出掛けや日々のお散歩も控えて、様子を観つつ模索の毎日。 今回の経験を生かして、感度を挙げてレオンを見守らなきゃ。 体調が復活したら、また、ツインズで元気にお散歩したいと思います。 

前向きに、でも記録を残して見守りも感度を挙げて。 自戒の気持ちを忘れずに、と思います。


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

おはようございます。
伊豆旅行の記事、楽しく拝見させて頂きました。
ありがとうございました。

人間でも心不全をおこすと、乾いた咳をしたり、
上を向いて寝ると苦しいのでベッドをあげたり、
夜中でも座って過ごす事もあるそうです。

でも、レオンくんは、しっかり受診されたので、
ひどくならずに済んだのではないでしょうか。
運動と食事療法で頑張っているレオミクファミリー。
少し、のんびりして体力を回復してください。

No title

こんにちは。

レオン君の元気な様子を見ていてうれしく思っていましたが、レオン君の体の中では変化が起きていたのですね。辛い現実ですがどうか元気を出してください。
親が元気がないと子供も心配しますから。

シオンも同じように元気で、私を相手に走りたがっていたので前足の肘は現状維持できていると思っていました。

先生からレントンゲンの結果悪化しているといわれ、びっこをひいたりシオンが痛い肘をずっとなめているのを見ると申し訳ない気になります。

私たちができるのはシオンが痛みのない生活を送ることができ、楽しいことを続けることができるのを助けること、と思っています。

レオン君のこと、大ファンの一人として応援しています。

こんにちは

いつも楽しそうにお散歩されている姿を見ていたので驚きました
レオンくん頑張りましたね!
そして、パパさんママさんも早い手当てをしてあげることができて良かった

ワンコの些細なシグナルを感じ取ってあげることって本当に難しいですよね
獣医さんもシェルティは痛みや苦しみに強い犬種だとおっしゃってました

ジレンマに悩むこともあるかもしれませんがどうか焦らず…

レオンくん、元気になったらまた一緒にお散歩しようね(´ω`)

No title

レオミクパパさん、こんばんは。

いつも楽しいお出かけのブログを拝見していたので、びっくりしました。
レオン君、偉かったね。早い処置をしていただいて少し楽になったかな?
ゆっくりと回復してくれればいいですね。
レオン君のこと、家のシェルティズと一緒にみんなで応援しているよ!

テク様へ

コメントありがとうございます。
伊豆旅行、こちらこそありがとうございました。楽しい時間に感謝です。本当に良い思い出です(^^♪。特に、ベベちゃんとキャンちゃんの楽しいバトル(笑)が忘れられません。

レオンに優しいお言葉をありがとうございました。年齢の事もあり、何事も早く感知して、処置なり考えたりをしなければと思います。今回も、いろいろ勉強になったとが役立つようにと思いまして、記事にしております。ご心配頂いて済みません(^^;。元気にしています。ただ、仰る通り、のんびりと快復してくれるよう、過ごしています。また、ベベちゃんとキャンちゃん、レオミクと遊んでください。

シオンママ様へ

コメントありがとうございます。
レオンに優しいお言葉、ありがとうございました。我が家にとっては、今後の役に立てようと思う記事でもあり、かえってご心配をおかけしました。レオンもおかげ様で処置をして、元気でおります。おっしゃる通り、私達も笑顔で、レオンとミクと過ごしています。

シオンちゃん、レントゲンの結果で悪化というのは(;゚Д゚)、本当にとても心配ですね。元気なシオンちゃんだけに、驚きです。バギーを利用されたりして足の負担を緩和しながらも、楽しく遊んだり、お散歩出来たりすると良いですよね。少しでも処置方法なりが見つかって、回復に向かうきっかけがあればよいなと思っております。

noelオカン 様へ

コメントありがとうございます。
優しいお言葉をありがとうございました。普段から様子を観ておりましたが、タイミングをうまく図れていたかな、とか、感度を上げなきゃ、と思ったり。そんな記録としての記事でした。ご心配をおかけしました。

年齢を考えれば、親ばかですが、とても元気なレオンだと思います。その一方で、身体のバランスがいろいろ崩れてくるのは仕方ない事だとも思います。感度をあげて、シグナルをキャッチしなきゃと思います。
是非是非、また、一緒に鎌倉や江の島をお散歩したいです! ツインズでご案内したいと思います!

ルーシーパール様へ

コメントありがとうございます。
優しいお言葉をありがとうございました。我が家の記録、今後役に立つこともあると思い、投稿しました。ご心配、ありがとうございました。レオンは処置をして、元気に過ごしております。
いつも応援、記事を見て頂いてコメント、ありがとうございます。本当に嬉しいです。レオンも、今は少しの間、大人しくしていますが、先生から元気回復のお墨付きを貰えたら、またツインズで賑やかに遊びたい、お散歩したい、と思っております(^^♪。
プロフィール

レオミク’sパパ

Author:レオミク’sパパ
レオン(セーブル)
  2003.6.5~2018.9.12
ミク (ブルーマール)
  2003.12.22生まれ

我が家のシェルティ、レオンとミクを溺愛する夫婦の日記です。一緒に暮らして15年目を迎えるレオミク。レオンは今年9月に虹の橋を渡ってしまいましたが、我が家のブログにはずっと登場。沢山の思い出を綴ります。

お誕生日まであと幾つ寝ると...
Life With Sheepdog
シェルティ・レスキュー
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ