FC2ブログ

北鎌倉、明月院散歩(^^♪。 そしてご案内も!

さて、まずは応援のご案内から!

我が家も応援している、LWS(ライフウィズシープドッグ)からのお知らせが、のあちゃん家のブログに掲載♪


応援
(お借りしました。ロコちゃんの日、おめでとう!)

6月1日(土) 2日(日)に朝霧FDGで開催されるフリマ。 LWSは、2日の日曜日に出店! 我が家のかーしゃんの品も出させていただきますよ。 よろしくお願いいたします。


★ ★ ★ ★ ★

さて、これからの季節、北鎌倉で超絶人気の名所(;^ω^)、明月院へ。

明月院0

何度見ても、吸い込まれそうになる、悟りの窓。 明月院へ足を運ばれる方々を魅了する、小宇宙のような異空間です。


四季折々の美しい景色が、この窓の向こうに広がります。 

明月院1

いかにも、日本人好みの景色、だからこそ、海外から来られる方の心にも響くのかな(^^♪。 このお座敷でいただくお茶は、格別です。


そして、明月院のもう一つの名物といえば、この参道を埋め尽くす、明月院ブルーですね(^^♪。 

明月院2

少しずつ咲き始めていますが、今はまだまだ。 もう少ししたら、満開の紫陽花を見ることができます。 紫陽花寺の名に恥じない、長谷の長谷寺の紫陽花に劣らぬ素晴らしい景色になりますよ!


明月院3

緑が本当に輝いて綺麗です。 晴れていると、なおさら緑磯が映えますね。


明月院4

明月院5

綺麗なお花があちこちで出迎えてくれますね。


明月院9

目の保養にもなりますよ(^^♪。


明月院6

明月院といえば、ウサギですヾ(≧▽≦)ノ。 可愛いウサギがあちこちに。


明月院7

う~ん、可愛らしいですな。 散策が楽しくなる景色が、あちこちにありますよ。 


明月院8

明月院95

枯山水庭園、海外から来られた方々には、なかなかの人気です。 紫陽花はこれからの季節だけですが、丸窓や庭園の美しい風景は、年中無休ですよ(#^^#)。


おまけです。
明月院は、残念ながら、ワン同伴NGなのですよ(;゚Д゚)。 

でも、明月院へ、シェル連れで来たい!というお友達、ご心配なく(^^♪。 明月院の目の前、「茶寮風花」 さんのテラスは、ワン同伴OK(^^♪。 

うさぎ1

ここで、我が家がお預かりしてお留守番してますから、ゆっくりと明月院を、ご堪能あれ!


うさぎ2

お留守番の間、美味しいうさぎ饅頭と、お抹茶を頂いて、お待ちしてますからヾ(≧▽≦)ノ。


スポンサーサイト



北鎌倉円覚寺、楽しい思い出に浸りながら。

さて、前回の続き、円覚寺散歩です!

円覚寺9

ひょっとしたら、お空から降りてきてくれているかな(^^♪。 一緒に歩いてね!


円覚寺散策5

ここは広くてのんびりと歩ける場所(^^♪。 ベンチもあって、休憩にも適した場所ですよ。


円覚寺散策6

ここもレオミクとの撮影スポット(^^♪。 藁ぶき屋根が圧巻です!


円覚寺散策7

広い敷地、レオンもミクも、張り切って歩いてくれました。 景色が綺麗で、時間を忘れて歩きました。


円覚寺散策90

美しい緑が眩しいです。 ちょっと暑い日でしたから(;^ω^)、汗を拭きながらですが、いい風が時折吹いてくれて助かりました。


さあ、たっぷりと歩いたので、ちょっとコーヒーブレイクをヾ(≧▽≦)ノ。

円覚寺散策1

円覚寺は、ワンと行けるお茶処も2つあって嬉しいですよ。 お抹茶もいいですが、この日はアイスコーヒーで(^^♪。


円覚寺散策01

佛日庵はレオミクも大好きだった場所で、お友達のこともご案内したり、思い出もいっぱいです。 この日は空いていたので、のんびりとコーヒーを頂きました!


円覚寺散策03

円覚寺散策02

佛日庵は、8代執権北条時宗の廟所でもあります。 荘厳な空気は、鎌倉時代の英雄を祀っているからかもしれません。


円覚寺散策04

素敵な景色をたっぷりと堪能ヾ(≧▽≦)ノ。 また、紫陽花の季節に来てみよう!


久しぶりに、北鎌倉・円覚寺散歩(^^♪。

朝ごはん1

まずはある日の朝ごはん(^^♪。 鎌倉駅近く、人気のお店、「朝飯屋 KOBAKABA(コバカバ)」 さんです! いい感じです!
 

朝ごはん2

朝ごはん3

なんだか、ちょっとホッとするような(^^♪。 美味しい和の朝ごはんですね。 メニューも豊富、トッピングも充実、美味しい朝ごはんで元気がでますよ!


朝ごはん4

ワンちゃんは同伴できませんが(汗)、お洒落で、鎌倉っぽい和のお店、たまには良いものですよ。 御馳走様でした!


★ ★ ★ ★ ★

さて、先日、北鎌倉を訪れる機会がありました。 ミクがお空へと昇ってしまってから、なんとなく、足が遠のいてしまった円覚寺。

円覚寺1

新緑も綺麗な今の季節、紫陽花はまだですが、すでに混雑がなかなか(;^ω^)。


円覚寺0
(レオン、15歳の誕生日直前の一枚)

久しぶりの円覚寺。 レオミクが大好きだったお寺さんです。 何度も来たよね、レオンヾ(≧▽≦)ノ。


円覚寺2

北鎌倉の駅前という立地ながら、起伏に富んだ巨大なお寺さんは、シニア期のレオミクのお散歩には欠かせない、贅沢な名所でした。 一緒にいっぱい歩きましたよ。 感謝しかありません。


円覚寺3

そして、閻魔堂をのぞいてみると・・・、


円覚寺4

この日、弓道教室が開かれていました。 いかにも円覚寺の風景に、ちょっと嬉しくなりました。 弓を放つまでの緊張感、見惚れましたよ!


円覚寺5

陽射しが美しく差し込む、大好きな切り株越しの山門(^^♪。 いいなあ!


円覚寺6

鎌倉幕府執権だった北条時宗さん、国家鎮護と、いわゆる蒙古襲来(文永の役)の戦没者の菩提を弔うため、この巨大な円覚寺を創建したと伝わります。 


円覚寺7

優美で雄大、大好きな風景ですよ (^^♪。 


円覚寺7

すっごい大あくびの写真、みつけたヾ(≧▽≦)ノ。

次回へ続きます!


鎌倉・長谷で美味しい朝ごはん(^^♪。

鎌倉散歩99

さて、今回は鎌倉、長谷でいただいた朝ごはんの巻(^^♪。 


鎌倉散歩1

ちょっと奥まったところにありますが、お洒落なサインで案内をしてくれますよ!


鎌倉散歩2

由比ガ浜から長谷、成就院へと至る道にある、人気の最高級パン専門店 recetteがプロデュースするパン専門カフェ。 「café recette 鎌倉」 さんです。


鎌倉散歩3
 
日本で唯一の「パンスイーツ専門店」なのだそうですよ。 recette(ルセット)のパンを料理仕立てで頂けるということで、楽しみです。


鎌倉散歩4

古民家をカフェとしてリノヴェーションし居心地のよさ、これもまた鎌倉らしさですね。


鎌倉散歩5

鎌倉や長谷には、古民家風のカフェやお食事処もたくさん(^^♪。 ワンちゃんが同伴できないっていうところが難点ですが(◎_◎;)、確かに良いものです。


鎌倉散歩6

素敵な席で朝ごはんを頂きます。 大人気のカフェなので、開店早々から大勢です(^^♪。


鎌倉散歩7

一斤、2500円の食パンを使った! 美味しいフレンチトースト、おかず風ですね。 究極のフレンチトースト、という名ですよ! とっても美味でした。


鎌倉散歩8

こちらは美味しいトーストにスイーツ添え。 とってもお洒落です。 

美味しい朝ごはんのお店の開拓も、鎌倉散歩の楽しみです!

長谷の名刹成就院。 紫陽花の見頃まで、もう少し(^^♪。

さて、長谷散歩の続き。 レオミクも大好きだった、成就院散策です(^^♪。

成就院1

成就院は平安末期、空海がここで護摩供・虚空蔵求聞持法を修めたことが起源だと伝わります。 執権北条泰時が1219年、その跡地に成就院を創建したそうです。


成就院は北鎌倉の明月院とならぶ、紫陽花の名所です!

成就院2

成就院3

満開は6月だと思いますが、徐々に咲き始めています。 咲き誇った姿はとても綺麗ですよ。


成就院201805頃
(2018年5月)

昨年、レオンと訪れた成就院。 弾けるような笑顔のレオンでしたよ。


成就院201806頃1
(2018年6月)

そして、その1か月後には、ミクと一緒にシオンちゃん、ビッキーちゃんと訪れました。

満開の美しい紫陽花、素晴らしい景色でしたよ。 レオンもミクも、本当にこの成就院が大好きでした。 お友達を案内すると、胸を張って案内していたなあ(^^♪。

成就院201806頃
(2018年6月)

「男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋」の撮影場所ともなった、紫陽花の名所は、現在でも大人気ですね。


そして、この参道の名物は、なんといっても由比ヶ浜の眺望ですよ!

由比ガ浜1

由比ガ浜2

本当に美しい由比ガ浜。 この参道から見ると、また違った味わいがあります!


成就院4

成就院5

境内には空海さんの姿を見ることができますよ。


成就院6

不動明王様、仕事や恋愛の縁を生んでくださる、という伝えもありますね(^^♪。 


成就院7

1333年、新田義貞が鎌倉攻めを行います。 極楽寺坂は激戦の地となり、多くの鎌倉武士達が戦死した場所でもあります。

成就院もその戦火に巻き込まれて、焼失したそうです。 今の姿は、江戸時代元禄の頃の再建によるものです。 

成就院8

以前、ここで済み暮らした有名な看板ワンも、今はお空の上です。 和尚様が、いつもお互いに姿を見れるようにと、成就院向かいに塔を建てて、ワンちゃんを祀ったというお話をしてくださいました。 素敵なお話でした。 そんな想い出がいっぱいです。

高徳院、鎌倉大仏様を参拝!

さて、前回に続き、鎌倉・長谷をのんびり散歩した時のことを投稿。

高徳院1

鎌倉のシンボルといえば鶴岡八幡宮ですが、 その八幡宮と並ぶシンボルが、鎌倉大仏さんです。 その大仏さんは、長谷の高徳院にいらっしゃいますね。


高徳院2

いつものように、さすがの大混雑、びっくりです(;゚Д゚)。 そんな人気の高徳院ですが、開山、開基は不明だそうです。 


高徳院3

何しろ、大仏さんの造像も史料が乏しいくらいですから、寺の草創とかも諸説あって不明とのこと(;゚Д゚)。 材木座光明寺奥の院を移建した、なんて説もあります。


大仏様0

ともかくものすごい人の数(;゚Д゚)。 参拝の方、遠足らしき子供達もいましたし、観光されいている海外の方々も大勢で、まさに、ごった返していた感じです。 


大仏様1

国宝、阿弥陀如来坐像。 あまりにも巨大、雄大な姿は大人気です。 まさに鎌倉・長谷のシンボルです(^^♪。 


大仏様2

大仏様は、もともと、荘厳な大仏殿のなかに安置されていた、と伝わります。 なかなか受難で、太平記にも自然災害で倒壊した記述があるなど、何度も憂き目に合われておられますね。 大仏殿、見たかったなあ(;゚Д゚)。


大仏様3

威厳に満ちたお姿ですが、ちょっと猫背で親しみやすいかも(^^♪。 それにしても、美しいです!


高徳院91

大仏様を抜けると、静けさが漂う敷地があり、そこには観月堂が佇んでいます。 ソウルの朝鮮王宮にあったものが高徳院へと寄贈されたそうですね。 鎌倉三十三観音霊場23番札所です。


その近くには、与謝野晶子さんの歌碑があります。 「かまくらや御ほとけなれど釈迦牟尼は 美男におはす夏木立かな」。 素晴らしい歌ですが、「釈迦牟尼」という勘違いをされたようですね(;^ω^)。

高徳院92

与謝野晶子さん、歌集 『みだれ髪』 で有名な浪漫派歌人ですが、 日露戦争後から警世の文を書くようになり、評論活動をはじめた方でもあります。 かっこいいなあ(^^♪。


高徳院93

片足でも、重さは40キロを超えるそうです(;^ω^)。 すごいなあ! この「大わらじ」、子供たちが寄贈しているそうです。 戦後復興間もない頃、大仏様にこのわらじで全国を歩いて欲しいと願ってのことと伺いました。 素敵な取り組みが継続されていて、素晴らしいですね。


おまけです。
高徳院は残念ながら、ワンちゃんは歩けません(;^ω^)。 こんな感じでなら可能ですが、良く見えないかな(笑)。

大仏様999

生シラス入荷が嬉しい、二色シラス丼(^^♪。

なんだか、早くも夏が来たかのような毎日です(;゚Д゚)。 去年の酷暑が思い出されますよ。

由比ガ浜1

長谷へ行く機会があり、せっかくなので砂浜へ。 この日も、由比ガ浜の海は、穏やかでとても綺麗ですよ。


海岸1
(2018年1月)

海4
(2018年1月)

レオンとミクと一緒に、数えきれないくらい、歩いた由比ガ浜。 鎌倉の海には、思い出がいっぱいですよ。


おまけ
(2015年5月の一コマ)

もちろん、海といえば江ノ島も(^^♪。 湘南は海に恵まれているなあ!


長谷1

さて、そんな長谷に折角来たので、久しぶりに 「長谷食堂」へ! 江ノ電長谷駅の目の前、美味しいご飯が頂けますよ。 ワンちゃんはテラスなら大丈夫だったかな?


長谷2

なんと、生シラスが入荷って書いてある!(^^♪。


長谷3

ということで、さっそく店内へ。 平日でも混雑する人気のお店ですが、お昼から時間を外したので、入れました! 落ち着いた雰囲気です。 


長谷4

もちろん、喉を潤さねば! シラスのお供といえば、鎌倉ビールが最高ですよ。


長谷5

地ビールなので、甘い、口当たりの良さが特徴ですね。 


長谷6

来たあっ、て感じです(笑)。 贅沢な二色のシラス! 釜揚げと生シラスの競演が、嬉しいですね。 綺麗な海と、豊かな幸に、心から感謝の気持ちで、頂きますと! ありがたいことです。


長谷7

生シラスに、ショウガと半熟卵を混ぜ合わせて頂くのが大好きです。 少し垂らした醤油が絡んで、美味しいですよ! 御馳走様でした。


次回、長谷をぶらぶら、続けます。

ミクの四十九日に想ったこと。

前回の続き、ミクの四十九日に想うことです。 

ミク1

お空に行ってしまったツインズは、何歳の姿に戻ったのかな、なんて考えたりしています。


ミク2

ひょっとしたら、最も元気だった時のツインズに戻っているのかな。 この頃だとしたなら、1歳半過ぎだね。


可愛いレオミク
(14歳を過ぎたツインズ)

なんだか、シニア期の方が、子供のようだよね。 もちろん、どちらのレオミクも、我が家の可愛いアイドルでしたよ。


ミク3

もう、元気が溢れて爆発寸前の様な(#^^#)。 キラキラした視線が、可愛かったなあ。 ぴったりとくっついて、隙を見せたら大変でしたよ。


ミク4

もちろん、大好きなお外でも、いつでも一緒でした。


ミク5

ミク6

ミクは、大好きなレオン兄ィがいれば、笑顔全開でした。 

ミク7

レオンが笑顔なら、ミクも弾けるような笑顔だったね。 


ミク0

楽し気にジャレ合って、遊んでいるレオミクを、今も思い出しますよ。


ミク00

ミク01

なんか、こんな楽しい、がおおおおっ、ていう姿が、本当に見ていて楽しかったですよ。


ミク03

ミク04

天然全開のミク、レオンを踏んでいた時も(大汗)。 レオンも大変だったねえ💦。


ミク05

いつでもレオンのことを見ていたミク。 そしてよく戸惑っていたミク(笑)。 面白いコンビでした。


ミク06

何かと、ちょっかいを出していたのは、レオンだったかな。 ジャイアニズム全開の兄貴、ミクは良い遊び相手だったね。


強そうに見えて、ミクはとても臆病で、少し転換の様な気質があって、繊細でした。 物音や刺激への反応も、大きかったミク。 

ミク99

年齢を重ねていっても、レオンのことを、本当に頼りにしていたね。 今はお空で、大好きなレオン兄ィにくっついて、いっぱい甘えているかな。 


ミク98

レオンと同じように、年輪を重ねる程に、可愛さを増していったミク。 もう、ずっと離れないで、一緒に居られるね。 


虹の橋を渡ったミク、49日を迎えます。

みく9

我が家の大切な次男坊、ミクが旅立ってから、時間が経つのが早いような、遅いような。 ぼんやりと考えることが多い日々でした。


みく8

手のひらサイズ、っていうくらい小さくて、可愛かったミク。 我が家を選んでくれて、ありがとうね。


みく1
 
15年前、レオンと暮らし始めて、シェルティの賢さ、愛らしさと、魅力溢れる姿に衝撃を受けました。 そして、ミクを迎えたとき、目の当たりにしたブルーマールの美しさに、あらためてビックリでした。


これは、私が大好きなパピー時代のミク。

みく3

カッコ良いミク。 佇まいも、ちょっと大人びていたかな。 当時、ブルーマールの被毛を持つ子と出会うことがなかったですし、今ほど、いなかったのかもしれません。 レオンのセーブルがスタンダードでしたから、珍しさもあって、魅了されましたよ。


みく4

とはいえ、やんちゃでね(;^ω^)、甘噛みもなかなかで(汗)。 


みく6

みく7

人形だろうとボールだろうと、手あたり次第って感じで、見るものすべてが面白くて、やんちゃしていたミクでした。


みく90

毛布は格別、お気に入り。 お母さんの温もりに包まれるかのように、愛着溢れる表情でした。


みく5

突然現れたやんちゃ坊主に、興味津々、手を焼きつつも(;^ω^)、すごく可愛がってくれたレオンでした。 いつも一緒に、誰よりもレオン兄ィを信頼していたミクでした。 


みく91

たくさん話しかけて、いっぱい撫でて、すくすくと成長していくミクを見守る毎日は、本当に幸せでしたよ。


みくちゃん

今でも、ハッとして振り返る時があります。 


らすと

なんだか、こんな風にミクが眠っているような気配を感じたり、息使いを感じたり。 


どこかで、ふたりがこちらを見ているような。 しっかりしなきゃ(-_-;)。 

らすと

お空の上で、元気に、やんちゃしてるかな。 ミクも、パパやかーしゃんの事を、時折、思い出してくれているかな。


次回も、ミクとの思い出を投稿したいと思います。

鎌倉文学館、薔薇祭り!

さて、日曜日、鎌倉・長谷の名所、鎌倉文学館へと行ってみました。 ワン同伴NGでしたので、私はほとんど初めてといっていいくらいです。

文学館1

こんなトンネルを抜けていくと、鎌倉文学館が静かに現れます。 佇まいが素敵です。

⇒ 鎌倉文学館

文学館2

旧前田侯爵家の別邸で、鎌倉市へ寄贈された文学館。 景色も雰囲気も、ちょっと異空間です。 まさに、加賀百万石の威厳を感じます。


文学館3

鎌倉が観光地として有名になったきっかけは、たくさんの文学者のおかげだと言われます。 300人を超える鎌倉にゆかりある、いわゆる文士達は 「鎌倉文士」 と呼ばれます。 う~ん、かっこいい(^^♪。


文学館4

多数の鎌倉文士たちの資料やゆかりの収蔵品を集めた、文学好きにとっては、ある意味で聖地の様な場所かもしれません。


文学館5

太平洋戦争の後、佐藤栄作首相の別荘となり、三島由紀夫さんの名著、『春の雪』 では別荘のモデルになったとも伝わります。


文学館90

その創建は古く、1225年に遡ります。 夫、源頼朝の菩提を弔うため、尼将軍政子が建立した長楽寺です。 七堂伽藍を備えた巨大な大寺院だったと伝わりますが、1333年、新田義貞鎌倉攻めで焼失してしまいました。 

ああ、惜しいなあ! そんな巨大な寺院、鎌倉探検隊やお友達の皆様と、ワイワイ歩きたかった!


文学館6

そして、もうひとつ、有名な薔薇の庭園。 由比ヶ浜を望む庭園、鎌倉一といわれる薔薇園です! 200種を超える薔薇が、年二回咲くとのことです。


文学館7

春は5月中旬〜6月下旬、秋は10月中旬〜11月下旬に見頃を迎え、薔薇祭りとして開園されます。 多くの方で賑わいます(^^♪。


文学館8

文学館9

こんな素晴らしい景色、なかなか見れないですね(^^♪。 のんびり歩いて楽しむっていうのも、たまには良いかな(^^♪。 いかにも、鎌倉らしい、素晴らしい名所です。 


カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

レオミク’sパパ

Author:レオミク’sパパ
レオン(セーブル)享年15歳
  2003.6.5~2018.9.12
ミク(ブルーマール)享年15歳
  2003.12.22~2019.4.3
アラン(セーブル)
  我が家でお預かり~正式譲渡
シュガー(セーブル)
  2019.11.25~ 

 我が家のシェルティ、レオンとミクを愛する夫婦の日記です。そんなレオンは2018年9月に虹の橋を渡り、ミクも2019年の春を迎えた後、天国へと旅立ってしまいました。我が家のブログは、これからも永遠に、愛おしいレオン&ミクの思い出を綴ります。

 2020年4月から、縁あってお預かりをさせて頂いていたアラン君は、おかげさまで正式譲渡になりました。アラン君とご家族様の未来を応援しています!

 そして、2020年10月18日、お世話になっている保護団体様との御縁に恵まれ、シュガーをお迎えしました。我が家の三男坊は超元気印。楽しい鎌倉散歩を綴りたいと思います!

お誕生日まであと幾つ寝ると...
Life With Sheepdog
シェルティ・レスキュー
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ