FC2ブログ

レオンの心臓と胸水のお話。

レオミク地方も猛暑の日々。 いよいよ、夏も本番ですね。 被災地にも襲い掛かるこの暑さが心配でなりません。 早く、元の生活に戻れますように。 

★ ★ ★ ★ ★

我が家の心配ごとといえば、やはり、レオンの身体の事です。 

あさんぽ1

相変わらず、不思議なバギーの達人ツインズ(笑)。 こんな元気な様子は変わりませんが。

レオンの胸には、数か月前から患っている胸水があります。 胸水が溜れば、胸に針を刺し、抜かなければなりません。 抜いてもまた溜ってくるのですが、だんだんと抜く期間が短くなってきています(◎_◎;)。 


あさんぽ2

胸水を抜く処置の時間は1時間ほど。 元気になって帰ってきてくれますが、身体や心には負担なのだと思います。

胸水の原因は、僧帽弁閉鎖不全症によると思います。 肋骨の中、心臓と肺の空間に、僧帽弁の不全で機能低下した心臓とポンプ。 押し出された血液が空間に沁み出し、溜ってしまうと、特に肺を圧迫することになります。


あさんぽ3
(ツインズと、早朝、いたち川散歩へ!)

呼吸や咳、横になって眠れなくなるなどの症状が見られます。 肺にしみこんでしまう肺水腫にはなっていないと考えられますが、油断はできません(◎_◎;)。


あさんぽ4

僧帽弁閉鎖不全症を患って3年余り、加齢で弱くなる内臓に胸水。 でも、ちょっと痛いかもしれないけど、胸水を抜いてしまえばこの笑顔。 全快は出来ないかもしれないけど、筋力や体力を弱めず、臓器たちを補う力を養って、この夏を乗り切ろうね! 


そんなことを考えていると、油断ができない我が家の弟が・・・、

あさんぽ5

そうだね、でっかい鯉がいっぱいいるねえ、なんて話していると。


あさんぽ6

おや、なんか、ミクが鯉と睨み合ってるかな💦。 なんか、毎年この光景を見ているね (笑)。 何しろ、レオンよりもでっかいサイズの鯉がいっぱいだよ。 気も強そうだね(^^♪。


すると! 

あさんぽ7

突然、鯉が思いっきり跳ねて水しぶきが。 そして、レオンが被弾 (爆笑)。 焦ってドキドキのレオンが可愛いなあ (^^♪。 まあ、こんなミクがいつも傍にいるから、退屈しないねえ(;^ω^)。 


あさんぽ8

心配事は尽きませんが、こうして記録も残しながら、上手に付き合って、来年のこの日もまた、「暑いなあ(;^ω^)」って、家族で文句を言っていたいね。 さあ、頑張らなきゃ!


スポンサーサイト



カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

レオミク’sパパ

Author:レオミク’sパパ
レオン(セーブル)享年15歳
  2003.6.5~2018.9.12
ミク(ブルーマール)享年15歳
  2003.12.22~2019.4.3
アラン(セーブル)
  我が家でお預かり~正式譲渡
シュガー(セーブル)
  2019.11.25~ 

 我が家のシェルティ、レオンとミクを愛する夫婦の日記です。そんなレオンは2018年9月に虹の橋を渡り、ミクも2019年の春を迎えた後、天国へと旅立ってしまいました。我が家のブログは、これからも永遠に、愛おしいレオン&ミクの思い出を綴ります。

 2020年4月から、縁あってお預かりをさせて頂いていたアラン君は、おかげさまで正式譲渡になりました。アラン君とご家族様の未来を応援しています!

 そして、2020年10月18日、お世話になっている保護団体様との御縁に恵まれ、シュガーをお迎えしました。我が家の三男坊は超元気印。楽しい鎌倉散歩を綴りたいと思います!

お誕生日まであと幾つ寝ると...
Life With Sheepdog
シェルティ・レスキュー
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ