FC2ブログ

強羅散策のラストは美味しい御飯(^^♪

さて、箱根・強羅散歩のラストは、美味しい御飯で締め!

ランチ1

お昼ご飯を頂こうと訪れたのは、強羅公園すぐ近く、「ITOH DINING by NOBU」さんですよ! 素敵な構えです!


ランチ2

席に案内いただいて、さっそく、乾杯を(^^♪。 幸せな時間、お店も、とっても素敵です。 ランチのコースを注文!


ランチ3

ランチ4

美味しいスープやサラダを頂く向こうで、美味しそうなステーキが料理されていますね! 目の前で焼いてもらえるのも嬉しいですね。


ランチ5

ワクワク感が止まらない(笑)。 早く食べたいなあと思いつつ、待っていると・・・。


ランチ6

期待通り、びっくりするくらい美味しかったなあヾ(≧▽≦)ノ。 ワサビ風味のソースも絶品! 美味しいステーキ、ご馳走さまでした。 贅沢なひと時でした!


ランチ7

楽しい強羅散歩。 感染リスクが落ち着いたら、箱根、強羅をまた歩きたいです。

スポンサーサイト



箱根強羅公園の景色を堪能!

ミク

ニュースで流れる、巨大台風の爪痕に驚くばかりです。 どうか皆様、無事でありますように。 被災された方々も、元の暮らしに早く戻れますように。


レオン

前回、コメントを頂いたアレンちゃん、病気と闘っているとのお話でした。 応援しているからね! ご家族の皆様とのんびり、ゆっくり、頑張って! 
頑張るお友達のみんなへ、レオミクから元気玉を送ります!


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

さて、ポーラ美術館を楽しんだ後、2013年8月1日に文化庁「国登録記念物」に認定された、箱根強羅公園へ(^^♪。

強羅公園0

大正時代、主に華族など上流階級の親睦・保養施設として造られた箱根強羅公園。  古き良き時代の公園がそのままの姿で残されているということに、びっくりです。


強羅公園2

美しい庭園の散策を楽しんでいると、この美しい噴水が姿を現して驚きましたよ! 綺麗すぎて、ずっと見ていられますねヾ(≧▽≦)ノ。


強羅公園4

園内には、いろいろな施設がいっぱいです。 写真は撮れてませんが💦、ローズガーデンや熱帯植物園、箱根クラフトハウスや喫茶など、一日楽しめる場所。 ワンとのお散歩も最高ですねヾ(≧▽≦)ノ。


強羅公園5

強羅公園6

この公園は、強羅の地質を生かした、多くの巨岩が使われているという個性も評価されているようです。 


強羅公園3

箱根登山電車 「強羅駅」から徒歩数分、という立地も嬉しいです。 また来たいなと思う、素敵な公園でした。春夏秋冬、綺麗なんだろうなヾ(≧▽≦)ノ。


強羅公園1


さて、強羅散策、ラストは美味しい御飯ヾ(≧▽≦)ノ。

御飯

次回、最終話。

箱根・強羅で癒しのひと時(^^♪。

経験したことがないほどの風雨を伴うといわれる、巨大な台風10号が来ています。ニュースで流れる映像がすでにヤバい(;゚Д゚)。 
どうか、被害など出ませんように。 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

何年ぶりかな、という箱根・強羅へのお出かけ(^^♪。 鎌倉に匹敵する、素晴らしい景色が四季を彩る箱根。 強羅は温泉でも、美しい景色でも人気の地です(^^♪。

強羅1

箱根登山鉄道から見渡す夏の景色(^^♪、秋には真っ赤な紅葉が綺麗なんだろうなあ!

令和元年東日本台風(台風19号)被害で、箱根湯本~強羅で運転見合わとなっていましたが、ついに復旧ヾ(≧▽≦)ノ、7月23日から再開! 皆様のご苦労のおかげです(^^♪。

強羅2

強羅3

箱根鉄道から見える素敵な景色も、醍醐味の一つです!


強羅4

さて、まずはお目当ての場所! 強羅の名所、ポーラ美術館へ行かねば! 美術館が大好きなので、興奮が!


強羅5

強羅6

もちろん、感染拡大の影響が直撃した箱根。 強羅ももちろんですね。 ソーシャルディスタンスを守りつつ、昔の姿に戻ってほしい場所でです。


強羅7

ポーラ創業家2代目の鈴木常司氏所蔵の美術品約9500点の展示の為、「箱根と自然と美術の共生」のコンセプトで2002年に開館した、美しい美術館です。 大好きな印象派、もちろんセザンヌやゴッホ、藤田嗣治など、日本、西洋東洋の素晴らしい美術品がコレクションとして溢れています!

そして、今日来た理由がこの展示会!

強羅8

「モネとマティス、もうひとつの楽園」。 印象派が大好きな私、もちろん、モネも大好きな画家のひとりです! かーしゃんが行こうと言ってくれましたヾ(≧▽≦)ノ。 嬉しいなあ。


強羅9

超癒しの空間。 時間を忘れて、タイムスリップしたような時間でした!


強羅の癒し、次回も。


カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

レオミク’sパパ

Author:レオミク’sパパ
レオン(セーブル)享年15歳
  2003.6.5~2018.9.12
ミク(ブルーマール)享年15歳
  2003.12.22~2019.4.3
アラン(セーブル)
  我が家でお預かり~正式譲渡
  2021.3.8 天国へ
シュガー(セーブル)
  2019.11.25~ 

 我が家のシェルティ、レオンとミクを愛する夫婦の日記です。そんなレオンは2018年9月に虹の橋を渡り、ミクも2019年の春を迎えた後、天国へと旅立ってしまいました。我が家のブログは、これからも永遠に、愛おしいレオン&ミクの思い出を綴ります。

 2020年4月から、縁あってお預かりをさせて頂いていたアラン君。里親様に愛され、幸せな思い出を胸に天国へと旅立ちました。ありがとうね。

 そして、2020年10月18日、お世話になっている保護団体様との御縁から、シュガーをお迎えしました。我が家の三男坊は超元気印。楽しい鎌倉散歩を綴りたいと思います!

お誕生日まであと幾つ寝ると...
Life With Sheepdog
シェルティ・レスキュー
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ