FC2ブログ

5月13日は、愛犬の日。

愛犬の日0

5月13日は、愛犬の日なのだそうですね。 改めて、今日の日を想おうと考えました。


愛犬の日1

教えて頂いた話ですが。
ジャパンケネルクラブ(JKC)の歴史の幕開けとなった日なのですね。


愛犬の日2

1949年の5月13日、全日本警備犬協会(当時のJKCの名称)が設立。 太平洋戦争が終わって間もない時期、これは、犬たちを守る目的であったと考えられていますね。


愛犬の日3

日本で、ワンたちが、いわゆる「ペット」として輸入され始めたのは、明治維新の後とのことです。 


愛犬の日4

当初は一部の富裕階級の趣味の対象だったようですが、徐々に数も増え、戦後に駐留軍が持ち込んだりして、一般的になっていったようです。


愛犬の日5

私はペット、という言葉が好きではありません。 まして、番犬、などという言葉は大嫌いです。 


愛犬の日6

今でこそ、ワン達は家族だという考え方が広まってきていますが、昭和の頃は特に命だという認識が未熟でした。 私製の血統書が横行し、間違った繁殖が行われ、犬にとって不幸な状態が続きました。


愛犬の日7

血統書には、本来、犬種を厳正に保護することで、犬にとって不幸な繁殖を防ぐという大切な意図があったとも聞きました。 なるほど、と思いました。 


愛犬の日8

我が家はレオミクと幸せな日々を過ごしてきました。 でも、レオミクを迎えた日、そこまでの知識はなかったと思います。


愛犬の日9

不幸なワン達(もちろん、猫たちもですが)の為に、救いの手を差し伸べるお友達の活動を目の当たりにしました。 恵まれない犬たちが背負う辛い境遇と、愚かな人間たちの醜い姿に愕然としたことが、何度もあります。 そして、それは今も続いています。 悲しいです。


愛犬の日90
 
レオミクや、お友達とも同じ命なのに、 不運なんて言葉では決して片付けられないと思っています。 殺処分ゼロも大切ですが、不幸な犬たちが平然と再生産される矛盾を正せないものか、と、常に思います。


愛犬の日91

この子達をもし、私たちが迎えていなかったら、いったいどうなっていたのか、と考えたこともあります。 誰か、素敵な家族に迎えられていたかもしれませんが、命を絶たれていたかもしれないと、背筋が凍る思いがします。


愛犬の日92

「愛犬の日」。 とても素敵な響きです。 でも、成り立ちを見ると、また今の犬や猫たちの状況を見ると、意味が変わってくるのだろうと思います


愛犬の日93

犬たちを、命だと再認識し、家族だということを思い返す日なのだと思います。


愛犬の日94

今でも、レオミクと過ごした日々の想い出は、我が家を支えてくれています。 レオミクが広げてくれたお友達の輪は、我が家の幸せをいまだに大きく広げてくれています。

人と寄り添い生きる命が、等しく認められ、大切にされることが当たり前の世の中になりますように。 命を粗末に扱う人間たちが、正しく罰せられる社会でありますように。





スポンサーサイト



カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

レオミク’sパパ

Author:レオミク’sパパ
レオン(セーブル)享年15歳
  2003.6.5~2018.9.12
ミク(ブルーマール)享年15歳
  2003.12.22~2019.4.3
アラン(セーブル)
  我が家でお預かり~正式譲渡
  2021.3.8 天国へ
シュガー(セーブル)
  2019.11.25~ 

 我が家のシェルティ、レオンとミクを愛する夫婦の日記です。そんなレオンは2018年9月に虹の橋を渡り、ミクも2019年の春を迎えた後、天国へと旅立ってしまいました。我が家のブログは、これからも永遠に、愛おしいレオン&ミクの思い出を綴ります。

 2020年4月から、縁あってお預かりをさせて頂いていたアラン君。里親様に愛され、幸せな思い出を胸に天国へと旅立ちました。ありがとうね。

 そして、2020年10月18日、お世話になっている保護団体様との御縁から、シュガーをお迎えしました。我が家の三男坊は超元気印。楽しい鎌倉散歩を綴りたいと思います!

お誕生日まであと幾つ寝ると...
Life With Sheepdog
シェルティ・レスキュー
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ