【続】 レオミクの健康診断。

さて、前回の記事でご心配頂き、ありがたいコメントまで、恐縮です(;^ω^)。 ありがとうございます。

レオン99

かかりつけ医で胸水を抜いてもらい、お薬なども処方いただいて、楽になったレオン。 元のように、元気になってくれています(^^♪。


さて、その前日、プラーナ和漢自然医療アニマルクリニックへ。

マッサージ0

レオンの体調の変化を相談し、予約した日に診察をお願いしました。 その時、レオンの心肺機能の低下の懸念、といったお話もいただき、かかりつけ医での処置にも繋がりました。 


ミク2
(ベッドの奪い合いは常にレオンの勝利(笑)

また、食事の変化、偏食などにも苦心するレオン(;^ω^)。 もともと、ミクに比べて好き嫌いが多いのですが。 森先生に、お野菜などのメニューをアドバイス頂いてますが、思うように食べてくれないことも (;^ω^)。 

ご飯2

こんな青野菜、緑の栄養あるお野菜を、最近はあまり食べてくれなくて(◎_◎;) 。 南瓜、根菜は比較的食べてくれますが、青野菜、シメジやシイタケなどのキノコ類も、がつがつ食べて欲しいなあ~。 
一方で、卵かけご飯納豆添えとかは大好き(笑)。 う~ん、私と鉄板メニューが一緒だなっ(;^ω^)。  

レオンの好き嫌い克服に、かーしゃんも奮闘中~。 もちろん、食欲はちゃんとありますから(^^♪。 あとは上手に好き嫌いと付き合わなきゃ(;^ω^)。


さて、森先生の診察で嬉しかったのは、我が家の爆裂次男坊のミク ヾ(≧▽≦)ノ。

ミク1

加齢による内臓機能の低下などの懸念は継続あるものの、総じて、健康体だとお墨付きを頂いていますよ(^^♪。 かかりつけ医の健康診断でも、ミクは常に合格点を頂いています(^^♪。


これまで、大病をしたこともあったり、精神的な弱さなどの診断も頂き、心配も多いミク。 

ミク55
(レオンが移動したのでやっとベッドへ(^^♪)

それでも、シニアになってからお散歩も頑張り、体力・身体の強さ、好き嫌いが無い食事面など、抜群の安定感(^^♪。 そういう意味では親孝行な子だねえ。 もちろん、油断なく、これからも健康なミクで!

可愛い子達の為に、西洋医療・和漢医療の知恵をいただいて、これからも頑張らねば(^^♪。


スポンサーサイト

プラーナ和漢自然医療アニマルクリニックのイベント(^^♪。

さて、今回は、先日プラーナ和漢自然医療アニマルクリニックのイベントへ行ったお話から(^^♪。

マッサージ0


今回はレオン君と一緒に行きましたよ。ということで、さっそくマッサージを(^^♪。

マッサージ

いつもお世話になっている市川先生がいらしたので(^^♪、先生にお願いして、スウェーデン式マッサージをお願いしましたよ。
胸水の診断を受けているレオン君。心配でしたが、呼吸を妨げる状態を避ければ大丈夫との、森先生の言葉で一安心(^^♪。 


マッサージ1

身体の冷えがちょっとまずい状況だったレオン君(;゚Д゚)。 解説して頂きながら、マッサージをして頂きました。 


マッサージ3

血流の回復、顔のむくみに対するリンパノ刺激など、教えて頂きましたが、大切なのは力の加減。 力を入れることは厳禁。 難しいなあと思いました。 ま、市川先生にまたお願いすればいいかな(^-^;。 


マッサージ4

贅沢な時間を過ごして、スヤスヤと寝てしまったレオン君(^^♪。 良かったねえ!


さて、お次は、遠赤外線温熱器!がありましたよ。 そして、なんとワンちゃんと一緒に身体を温めている方がいました。

ぽかぽか1

是非、やってみよう、ということで! かーしゃんと、レオン君で試してみましたよ。


ぽかぽか2

こんな感じですよ!


ぽかぽか3

とてもポカポカするようですよ。 温度も調節されていて、とても温かいので、かーしゃんも大喜び(^^♪。


ぽかぽか4

しばらくすると、レオン君、またもや、スヤスヤと夢の中へ(^^♪。 またまた、贅沢な時間ですよね。


この日も、人気のお料理教室が(^^♪。 ワンちゃん向けのお料理、美味しそうな材料が並んでいますよ!

お料理1

お料理2

とっても美味しそうに出来て(^^♪、盛り付けも素敵ですね。


お料理9

良かったねえ、レオン君、美味しく頂きましたよ(^_-)-☆。
自然医療に関するイベント、他にもいろいろな教室がありました。 次は何に参加しようかな(^^♪。


さて、楽しいイベントを終えての帰り道。 なんと、プラーナに行く途中のお友達に再会(^^♪。

お友達1

ラフコリーさんのサラちゃん、そして、シェルティのテンちゃん、ユンちゃん(^^♪。


お友達2

以前も、プラーナのイベントでお会いしました。 レオンは結構、シェル運が強くて(^^♪。 この時もその運の強さが証明されたかな(^^♪。


お友達3

ワイワイしていると、そこへサラシリちゃんママが来られてご挨拶(^^♪。 帰り道、思わぬ出会いに喜ぶ我が家でした(^^♪。


お友達4

ありがとうございました。 キラキラな、とっても素敵な笑顔、可愛いなあ。 またお会い出来ますように!


プラーナ和漢自然医療アニマルクリニックで定期診療 (^^♪。

さて、昨日の日曜日、土曜日に続いてプラーナへ。 森先生に診察して頂きましたよ。

プラーナ0

先月、レオンの調子が今一つだったことから、今月も見て頂きました。横浜は月の後半(前半は大阪)ですので、ぎりぎりの予約で(;^ω^)。


相変わらず、診察には消極的で帰りたがるツインズ(笑)。 特にレオンは眠い振りをして、薄目を開けて森先生の動きを警戒(爆笑)。 ま、仕方ないか~ヾ(≧▽≦)ノ。 検査を頑張ろうね(;^ω^)。 

プラーナ

さあ、しっかりと注意点は記録しなきゃ。前日土曜日のイベントで、市川先生(スウェーデンマッサージ)に言われたことも合わせて、メモメモ (;^ω^)。


すやすや5

まずは、レオン。
〇僧帽弁閉鎖不全症の状況で悪化は無し。
〇胸水の状態も、マッサージを受けたり日々のお散歩でも呼吸困難などの外的症状もないため、現在は問題無。
〇急激な体重変化、食欲低下などの症状もないため、悪性腫瘍などの懸念は今は無し。
〇血流の状況が改善、内臓や心臓肥大への影響が抑えられている
▲肝臓など内臓機能低下の懸念
▲胆泥の懸念

ということで、お肉、タンパク質の量を抑え、消化系への負担を軽減。あとは、お散歩を頑張り、春に向けて食べすぎ注意、体力強化が継続(^^♪。 あとは、心臓ケアの救心は継続。 匂いが嫌いらしく、飲ませるのに一苦労(;^ω^)。


また、レオンは、「冷え」が大問題(◎_◎;)。 例えば肉球でも、左右で冷えの状態が違いました。 身体のバランスを崩しかねない状況に要注意。 

すやすや

寝るときのパジャマや腹巻、お散歩前には、身体全体や肉球をマッサージをして、冷え対策を頑張らねば。 



さて、ミクは。
〇癲癇の気質、心の状態は落ち着いている。引き続き、ケアを。
〇急激な体重変化、食欲低下などの症状もないため、悪性腫瘍などの懸念は今は無し。
▲肝臓など内臓機能低下の懸念
▲身体の水分不足、血流の量が不十分な懸念

ということで、やはりお肉、タンパク質の量を抑え、消化系への負担を軽減。あとは、水分補給注意! でも、全体としては元気(^^♪。 運動頑張らなきゃ!


帰ってから、夕方のお散歩へ(^^♪。

すやすや4

ツインズ揃って、まずまずの良い結果に一安心。 次の検査は2か月後でいいそうです。

年齢や、心臓などへの影響を考えて、今年からワクチンはもう、行わないことにしました。 もともと、毎年必要なく、3年程度の効果があるとも言われるワクチン。 高齢のレオミクには不要だと判断しました。 先生に証明書を書いていただいたので、これからも遊びに行く先々での手続きには不安はありません。 

さあ、大好きな春がやってくるね。 元気にこれからも、お友達と遊ぼうね!

続・プラーナ和漢自然医療アニマルクリニック診療、食事のお話を (^^♪。

さて、まずは週末に、レオミクと一緒に歩いて発見した、美味しいお店を、ちょっと先にご紹介(^^♪。

横浜01

こちらは横浜元町、「Pancake Ristorante(パンケーキ リストランテ)]さんですよ! ワン同伴専用の広いスペースがあり、専用の入り口もある、ワンに優しい元町ならではの素敵なお店(^^♪。 美味しいパンケーキ、お料理も豊富。 オフ会やイベントでも人気のお店。 お友達と行きたいです。


極楽寺

こちらは、古民家カフェ「福日和カフェ」 さんですよ。 長谷から極楽寺方面へと海沿い近くを歩き、成就院の近くにあるカフェ。 ワンはテラスでお食事が可能ですよ。 私はカレーをチョイス、美味しいお料理に舌鼓(^^♪。 お友達との鎌倉散策で、一緒にまったりしたい古民家カフェですよ! 

詳しくはまたブログにも掲載します。 また、今日は関東も大雪の予報が(;^ω^)。 皆さまも気を付けて!


★ ★ ★ ★ ★

さて、前回の続き、プラーナ和漢自然医療アニマルクリニックで、診察を受けたお話。 今回は食事によるレオミクの健康寿命チャレンジを。

まず、胸水発見からいろいろ悩み、焦ったレオンのことを森先生の言葉で整理。
改善すべきは、
・心拍が不安定。
・循環する血流量が低下。
・肝機能、消化機能低下。
・身体全体の水分不足。
という点。 加齢で仕方ない、とは一切思わず、改善しなきゃ!

健康だと診断されたミクも。
・肝機能、消化機能低下。
・身体全体の水分不足。
というところは、レオンと一緒です。


先生に指導して頂いた、野菜を多く取り入れた食事。 ミクはとても良く食べてくれますが、レオンは好き嫌いが多くて(◎_◎;)。 身体を温めてくれる生姜は全くダメ。 栄養面でも良いキノコ類にも好き嫌いが(;゚Д゚)。 

ご飯2

美味しそうな野菜スープなのですが、何しろ、嫌いなものは、口に入れた後でも、ペッと出して拒否(笑)。 まあ、笑い事ではありませんが(;^ω^)、 好き嫌いだめだよって言いながらの毎日ですよ~。

また、パパがダメなのですが(◎_◎;)。 ちょっと野菜を食べないと焦ってお肉を増やそうとする愚かな私(汗)。 水分吸収力が衰えてくるシニアには、安易なお肉増は要注意。 肝臓を過度に稼働させ、弱らせることに。 う~ん、気を付けなきゃ(;゚Д゚)。

とはいえ、食事が楽しくないとしたら、大問題です。 大切な一日の楽しみは、決して大袈裟ではなく、モチベーション維持するためにも不可欠。 お肉の量を調整しつつ、うずらの生卵、オリーブオイルかごま油をちょっとトッピングなど、先生から提案を頂きました。 油類は血液サラサラへのチャレンジに反しますが、レオンの様子を観つつ、楽しいご飯を優先して試しています。 


こちらは紅芯大根。 かーしゃんが煮込んで美味しく仕上げてくれました。 

ご飯0

レオンは甘みが強い大根は大好き。 嫌いなものを残してキッチンの方向を振り向くレオン。 無言の圧力が(;゚Д゚)。レオンの策略に(笑) いつも苦しめられる我が家ですが(;^ω^)。 森先生とも相談し、好きならむしろ、ある程度あげて水分補給を優先しようと。


ご飯

消化の時に、水分が足りないと、肝臓や膵臓にも影響し、身体の水分を使ってしまう悪循環を抑えなければ改善は難しい状況。 山芋やオクラとか、水分を長い時間滞留させる食材を多く使うこととともに、食事の合間でも水分を取りたいのですが、なかなか、お水を飲まないツインズ。 
大根や、野菜を似た煮汁を食間に上手に使って水分を補給しようということに。


ご飯1

こちらは、水分補給の切り札、美味しい寒天のぜりー(^^♪。 すりおろした人参、トマトジュース(もちろん味付け無、無添加)などを加えたものは、ツインズもお気に入り(^^♪。
レオミクのアンチエイジング、サラサラ血液チャレンジ。 そして何よりも健康寿命チャレンジ! 家族皆でこれからも頑張らねば!(^^♪。


最後に、「健康」「自然医療」のカテゴリでのお話は、レオミクへの処方に関するお話です。 参考にし頂く場合、要注意。 心配なら、診察を受けて我が子に会った治療法を見つけることをお薦めしますよ。


プラーナ和漢自然医療アニマルクリニックで定期診療 (^^♪。

今回は「自然医療」カテゴリ、ということで、「健康」カテゴリと並んでレオミクの健康話です。 我が家のツインズの事情に特化した記録です。参考にして頂く場合はご注意を。
そして、今回は問題があったレオンに集中して記録を残します。

まず、先日、かかりつけ医で健康診断。 レントゲンで発見された胸水。 先生が採取してみたところ、「これは腫瘍の可能性が高い。 リンパまたは他の部位の腫瘍ではないか」と危惧され、遺伝子検査にまわしてくださいました。

レオン
(1月13日レオンのレントゲン。胸水発見)

結果が来ました。 リンパ腫ではないとの結果。 それは良かったのですが、先生の経験値から、「他の部位で腫瘍があるのでは。それが胸水の原因とも疑える。 リンパ腫の場合は抗癌治療の方法もあるが、もし他の部位なら、年齢も有り、難しいね」、とのお話でした。 かといって、さらなる検査で究明するにはレオンの体力的には困難。 今は、無理な検査は行わないことにしました。


検査結果、そして先生の経験値や判断からの言葉をもって、今月もプラーナ和漢自然医療クリニックの森先生に診て頂くことにしました。

医療0

まず、森先生と、以下の様なお話をひと通りしました。

・かかりつけ医の健康診断で、胸水の診断は初めて。
・胸水の量が増えて呼吸困難になれば抜く必要がある。
・かかりつけ医の先生が、胸水のサンプルを見て、腫瘍ではないかと診断。
・胸水の為、僧帽弁閉鎖不全症は検査せず(レオンの身体の負担を考えて)。
・心臓の上部のリンパの腫れは変わりなし。
・胸水のサンプルの遺伝子検査で、リンパ腫ではないと判明。
・血液検査は問題なし。
・食欲や運動は、今までと変わらず良好。

その後、森先生がひと通り、触診して頂きました。


医療22

森先生の診察から。

・14歳と半年という年齢もあり、心臓、心肺の機能が弱まってきている。胸水はその表れ。
・心臓からの血液の逆流が肺にあり、胸水になった可能性が高いのでは。
・腫瘍や癌の可能性は否定できないが、食欲も運動も良好な様子から、悪性腫瘍が肺などにある可能性は低い。
・身体の状態自体は、良好だが、肝臓などが疲弊の兆候(食事でお肉の量が多い。バランスを見直し)
・水分補給、吸収が不足。 内臓へ負担増。要注意。


とのこと。 3つ目の言葉、嬉しかったなあ(^^♪。

治療と暮らしについて、

・今の食事療法に新たな食物を追加。
・食事、水分、運動を継続して、心臓と心肺機能を維持。
・心臓、肺呼吸、血流全てにおいて、身体全体のバランスが不可欠。 特に全身の筋肉、筋力が心肺と血流の維持に重要。その部位の筋肉、筋力の維持は走ったり、歩いたりでしか鍛えられない。散歩はともかく大事。

というアドバイスを頂きました。 特に、3点目は、響きました。 身体全体のバランス、決して投薬や治療云々ではどうにもならないところは、私達次第と再認識して頑張らねば。 
そして、血流、内臓の安定、心肺強化で、胸水も抑制できるとのお話も(^^♪。


毎日の運動については、心配ないくらい元気なレオミク (^^♪。

お散歩

むしろ、笑顔が弾けて散歩できる楽しい場所に、いっぱい連れて行ってあげなきゃヾ(≧▽≦)ノ。


お散歩1

ツインズでお散歩すれば、ミクがペースを作ってくれるので、レオンも安心してガンガン進んでくれるね。


次回は食事療法のお話を。


プロフィール

レオミク’sパパ

Author:レオミク’sパパ
レオン(セーブル)
  2003.6.5生まれ
ミク (ブルーマール)
  2003.12.22生まれ

我が家のシェルティ、レオンとミクを溺愛する夫婦の日記です。一緒に暮らし初めて、今年で15歳を迎えるレオミク。2014年の1月からブログを開始。沢山の思い出を残そうと思います。

お誕生日まであと幾つ寝ると...
シェルティ・レスキュー
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ