妙本寺散歩、ノウゼンカズラと紫陽花が綺麗(^^♪。

まずはレオミクの様子から(^^♪。 

れおみく

最近は、お天気が不安定(;^ω^)。 雨に降られてお散歩ができない事もありましたが、・・・。


れおみく1

笑顔はキラキラ可愛いツインズ(^^♪。 この笑顔が嬉しいなあ(^^♪。


★ ★ ★ ★ ★

さて、レオミクがお留守番の鎌倉散歩最終話! 妙本寺散歩の続きです。

妙本寺散歩1

美しい二天門(^^♪。 夏らしく、綺麗な緑の風景が出迎えてくれました(^^♪。 二天門とのコントラストが綺麗!


妙本寺散歩2

二天門をくぐると、大勢の方々が写真を撮ったり、「綺麗だねえ」と言いながら見物! 何かというと、


妙本寺散歩3

この日、見たかった景色が! ノウゼンカズラです。 この鮮やかなオレンジ、夏の訪れの合図のようですね!


妙本寺散歩4

和の風景にもバッチリなノウゼンカズラ。 中国原産ですが、平安時代にはすでに伝わっていたようですね。


妙本寺散歩5

妙本寺散歩6

「凌霄花」が漢名。 その意味は、「霄(そら)を凌ぐ」お花との意味がこめられていて、高いところに攀じ登る、というところからつけられた名前だと伝わるそうです。 妙本寺の夏の景色にぴったりです。


妙本寺散歩7

境内でのんびりとされている方もたくさん(^^♪。 ここも、ワンに優しいお寺さん(^^♪。 また、秋になったらレオミクと来たいな(^^♪。


妙本寺散歩8

紫陽花、本堂の脇、遊歩道近くでも綺麗に咲いていました。 びっくりです。 やはり、比企という土地柄もあり、気温も街中より低いのでしょうね(^^♪。 得した気分でした (^^♪。

スポンサーサイト

鶴岡八幡宮から妙本寺へ(^^♪。

まずは昨日の朝散歩~(^^♪。

お散歩1

昨日は本当に暑かったなあ(;^ω^)、という一日でした。 朝なので、レオミクは笑顔がいっぱい(^^♪。


お散歩2

何をお話しているかな。暑いなあって言っているかな?


お散歩3

驚くしかない大雨の被害。 避難されている方々は、この猛暑にも苦しめられている状況。 早く、元の生活に戻れますように。


★ ★ ★ ★ ★

さて、レオミクが出てこない鎌倉散歩(;^ω^)。 もうちょっと続きます~。
レオミクとのお散歩だと、ここまでは来ることが出来ません。 遥かに見下ろす景色は、やはり雄大です!

鶴岡1

鶴岡八幡宮をこの地へ遷した頼朝さん。 京の雅を熟知していたこともあり、見本は平安京。 鶴岡八幡宮はまさに内裏で、朱雀大路を想定して造ったのが若宮大路と伝わりますね。 頼朝さんの天を衝く壮大な構想を体感(^^♪。


鶴岡2

大石段を上った先にある本宮。 その前に佇むのは美しい楼門。 扁額に記された八幡宮の「八」の文字。 鳩が向き合う形です。 八幡神の使いが鳩であるという意味があるそうですね(^^♪。


さて、大好きな鶴岡八幡を堪能した後は、のんびりと若宮大路を戻り、妙本寺へ(^^♪。

妙本寺1

妙本寺は、日蓮さんを開山に仰ぐ、日蓮宗最古のお寺さん(^^♪。 鎌倉時代、北条氏に滅ぼされた幕府の重臣、比企氏が支配した谷戸にある名刹です! 開基は、その比企能員の子、比企大学三郎能本だと伝わります。

京にいて、比企の乱を逃れた熊本。 鎌倉に戻った折、日蓮さんの鬼気迫る布教の様子を観て感激し、一族の無念を弔ってくれると思ったとの逸話が残るそうです。


妙本寺2

この道も、レオミクと一緒のお散歩だったら通らない道(^^♪。 驚いたことに、紫陽花がまだまだ綺麗! さすが、妙本寺。 異空間の素晴らしい趣ですね!

 
妙本寺3

妙本寺9

紫陽花の景色を楽しみながら、のんびりと石段を登って上へ!


妙本寺4

しばらくして、大好きな景色が見えてきました(^^♪。 いつもは参道から見る景色も、ちょっと違う風情があります!


妙本寺5

やはり、この二天門の美しさは抜群です。 鎌倉一、美しい山門とも言われますが、 改めて、なるほどと思います! 一見の価値ありです。


妙本寺6

二天門をくぐると、見たかった景色がそこにありました(^^♪。 楽しい妙本寺散歩、次回へ続きます!


鶴岡八幡宮、源平池の蓮を偵察(^^♪。

さて、美味しい鎌倉野菜&カレーを食べた前話の続き、鎌倉散歩! 

まずは、うそこメーカーで、レオミクを占ってみましたよ!

うそこ

相変わらず、ミクは期待を裏切らないねえ(笑)。 さあ、今年も残すところ、あと半分! 厳しい夏を乗り越えなきゃ!


さて、目指すは鶴岡八幡宮。 今回はレオミクがお留守番なので、普段はワンが入れなくて行かないところまで行ってみようかと思いますよ。

鶴岡八幡1

若宮大路、段葛をまっすぐ進みますよ! 2016年に整備が終わり、生まれ変わったこの道。 源頼朝が直接指揮し、北条時政や畠山重忠など、御家人を統率して造られたそうですね。 鎌倉幕府の勢い、存在感を天下に示す、渾身のパフォーマンスであったのかも(^^♪。


鶴岡八幡2

鶴岡八幡宮が見えてきました。 改めて、この小さな街に不釣り合いとしか思えない、巨大な存在感! 揺るぎない鎌倉のシンボルですねえ(^^♪。


鶴岡八幡3

鶴岡八幡4

この日、目的の一つは源平池(^^♪。 源氏池が8000㎡、平家池が4000㎡、合わせて12000㎡と言われますね。 この季節の見どころは、やはり蓮の花です! 


鶴岡八幡5

尼将軍政子が建立した、旗上弁財天社。 源平池に浮かぶ島から見る景色は、圧巻の美しさです!


鶴岡八幡6

なんといっても、源氏の白幡(^^♪。 源頼義が「前九年の役」の出陣で石清水八幡宮に勝利を祈願。 勝利のお礼に、1063年に石清水八幡宮の分社を由比ヶ浜に立てたのが始まりだそうですね。 今の場所に遷したのは頼朝さん(^^♪。 鎌倉幕府のシンボルの所以です。


鶴岡八幡7

さあ、お目当ての蓮の花は、というと、・・・


鶴岡八幡8

残念ながら、まだまだ、なのかな(;^ω^)。 綺麗な一輪がありましたが、またの機会に来ようと思います。


鶴岡八幡9

綺麗な景色に溢れる八幡宮ですが、私が大好きなのは、石段下にある舞殿(^^♪。 


鶴岡八幡90

鶴岡八幡91

ここでは、度々、神前結婚式も行われます。 日本文化が凝縮されたような、和の様式に溢れる結婚式が、公開形式で行われます(^^♪。 その様子は、観光客、特に海外から来られた方々にも大人気ですよ。


らすと

さあ、ちょっと上まで行って、レオミクとは一緒に観れない景色を見てみようかな(^^♪。

レオミクが不在の鎌倉散歩ですが(;゚Д゚)、もうちょっと続けます!

鎌倉野菜と絶品カレーのコラボ(^^♪。

西日本の大雨の被害が拡大し続けています。 本当に心配です。 雨や土砂崩れなど、あまりの状況にただ、驚くばかりです。
被害が続いている地域の方々、被害に合われた方々に、お見舞い申し上げます。 

★ ★ ★ ★ ★

今朝、レオミク地方は曇りながら、晴れ間も出て暑くなってきています。

れおみく

朝散歩、ツインズは相変わらず楽しそうにしてくれました。 これからしばらくは、早朝と夜のお散歩だねえ(;^ω^)。


さて、この後、レオミクにはお留守番をお願いして、鎌倉散策へと出陣!

侍1

早速、まずは早めのランチから(^^♪。 行きたかったお店、路地裏カレー、「侍」さんですよ。 札幌発のスープカレー専門店。 北海道や関東を中心に展開する、美味しい素材とカレーが人気のお店ですよ!

⇒ Rojiura Curry SAMURAI 鎌倉店


侍2

さあ、カッコいい暖簾をくぐって店内へ!


侍3

とっても落ち着いた雰囲気、お洒落な店内に、何かホッとしますよ。 いい空気感です。


侍5

侍4

鎌倉野菜をたっぷりと使われた、美味しいカレー、楽しみにしてましたよ。 でも、メニューがいろいろ、目移りしちゃいます!


侍6

さて、まずは喉を潤して(^^♪。 今回はハートランドビールでしたが、次回は鎌倉の地ビールにしよう!


侍7

かーしゃんは、「チキンと1日分の20品目の鎌倉野菜」のカレーをチョイス (^^♪。 チキンが乗った、贅沢なカレー(^^♪。 美味しそうですよ!
カレーの辛さも11段階から選べますし、ご飯の量もいろいろ選べるおもてなしが嬉しいですよヾ(≧▽≦)ノ。


侍8

私は、「1日分の20品目の鎌倉野菜」のカレーに、「焼きチーズ」 をトッピングしてみましたよ。 これが大正解! 美味でしたよ(^^♪。 トッピングもいろいろ! 次は温玉がいいかな(^^♪。
ワンは同伴出来ませんが、こんな美味しいカレーなら、お友達も誘ってまた、来たいものです! 御馳走様でした。

この後は、神社仏閣巡り(^^♪。 次回へ続きます!


レオミクと一緒に源氏山散歩!(^^♪。

さて、今回はレオミクと一緒に、鎌倉・源氏山公園へとハイキングしたお話(^^♪。

源氏山0

ということで、道中省略して、一気に源氏山ハイキングコースへ! 暑さも出てきて、シニアな子達には厳しいコースですが、励ましあいながら登ってくれたね!


源氏山1

良い笑顔のツインズ(^^♪。 楽しいねえ。 地上とは、やはり気温が違って気持ちいいねえ。


源氏山2

レオンもいい笑顔がいっぱい(^^♪。


源氏山3

こんな山の中ですから、鳥たちの羽ばたきや、何だかわからない声や風の悪戯も(^^♪。 こういうのが楽しいね。


さて、そんなこんなで、こもれび広場、葛原岡神社へ到着(^^♪。

源氏山4

頑張ったねえ(^^♪、 ここで、ちょっと休憩とおやつ&水分補給も!


源氏山5

涼し気な風景に癒されますよ。 良い雰囲気は相変わらずです。


源氏山6

源氏山7

紫陽花も終盤ですが、とっても綺麗でしたね。


源氏山8

神社でいっぱいお参りをしておきましょうね。 レオン兄ィの健康の事も、ミク自身の健康の事も、いっぱいお願いしよう!


源氏山9

恋愛のパワースポットとしても注目の葛原岡神社。 たくさんの方々が訪れてましたね。


源氏山90

そうだね。 ちゃんと、源氏山公園の主に、ご挨拶をしておきましょうね。


源氏山91

ということで、鎌倉の王様、源頼朝さんにご挨拶(^^♪。 

平安から鎌倉にかけて、処刑場があった場所。 また、幕末には新田義貞が攻め込んできたる化粧坂があり、倒幕の立役者の一人、日野俊基卿のお墓もある、不思議な空間です。 今では春夏秋冬、抜群の景観で人気ですが、歴史的にも貴重な場所です(^^♪。


源氏山99

さあ、楽しいハイキングだったね。 朝御飯をめがけて 足早に山を降りるツインズ (笑)。 また、一緒に来ようね!


プロフィール

レオミク’sパパ

Author:レオミク’sパパ
レオン(セーブル)
  2003.6.5生まれ
ミク (ブルーマール)
  2003.12.22生まれ

我が家のシェルティ、レオンとミクを溺愛する夫婦の日記です。一緒に暮らし初めて、今年で15歳を迎えるレオミク。2014年の1月からブログを開始。沢山の思い出を残そうと思います。

お誕生日まであと幾つ寝ると...
シェルティ・レスキュー
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ