レオンの心臓と胸水のお話。

レオミク地方も猛暑の日々。 いよいよ、夏も本番ですね。 被災地にも襲い掛かるこの暑さが心配でなりません。 早く、元の生活に戻れますように。 

★ ★ ★ ★ ★

我が家の心配ごとといえば、やはり、レオンの身体の事です。 

あさんぽ1

相変わらず、不思議なバギーの達人ツインズ(笑)。 こんな元気な様子は変わりませんが。

レオンの胸には、数か月前から患っている胸水があります。 胸水が溜れば、胸に針を刺し、抜かなければなりません。 抜いてもまた溜ってくるのですが、だんだんと抜く期間が短くなってきています(◎_◎;)。 


あさんぽ2

胸水を抜く処置の時間は1時間ほど。 元気になって帰ってきてくれますが、身体や心には負担なのだと思います。

胸水の原因は、僧帽弁閉鎖不全症によると思います。 肋骨の中、心臓と肺の空間に、僧帽弁の不全で機能低下した心臓とポンプ。 押し出された血液が空間に沁み出し、溜ってしまうと、特に肺を圧迫することになります。


あさんぽ3
(ツインズと、早朝、いたち川散歩へ!)

呼吸や咳、横になって眠れなくなるなどの症状が見られます。 肺にしみこんでしまう肺水腫にはなっていないと考えられますが、油断はできません(◎_◎;)。


あさんぽ4

僧帽弁閉鎖不全症を患って3年余り、加齢で弱くなる内臓に胸水。 でも、ちょっと痛いかもしれないけど、胸水を抜いてしまえばこの笑顔。 全快は出来ないかもしれないけど、筋力や体力を弱めず、臓器たちを補う力を養って、この夏を乗り切ろうね! 


そんなことを考えていると、油断ができない我が家の弟が・・・、

あさんぽ5

そうだね、でっかい鯉がいっぱいいるねえ、なんて話していると。


あさんぽ6

おや、なんか、ミクが鯉と睨み合ってるかな💦。 なんか、毎年この光景を見ているね (笑)。 何しろ、レオンよりもでっかいサイズの鯉がいっぱいだよ。 気も強そうだね(^^♪。


すると! 

あさんぽ7

突然、鯉が思いっきり跳ねて水しぶきが。 そして、レオンが被弾 (爆笑)。 焦ってドキドキのレオンが可愛いなあ (^^♪。 まあ、こんなミクがいつも傍にいるから、退屈しないねえ(;^ω^)。 


あさんぽ8

心配事は尽きませんが、こうして記録も残しながら、上手に付き合って、来年のこの日もまた、「暑いなあ(;^ω^)」って、家族で文句を言っていたいね。 さあ、頑張らなきゃ!


スポンサーサイト

ミクの健康診断、ホッと一息 (^^♪。

さて、我が家での健康診断や、病気との戦いの話はレオンが中心ですが、今回は先日行った、ミクの健康診断のお話(^^♪。

みく1

健康診断、頑張ってくれたね! ご苦労様(^^♪。


みく

左側が今回のミクのレントゲン、右側は過去のレントゲン。 ミクの心配事は、膀胱を圧迫する脂肪の膨張です(;゚Д゚)。 左の、今回のレントゲンを見ると、膀胱が上部へ押し上げられています。 11歳の時に、全身麻酔をして脂肪を取り除きましたが、さすがに14歳の今は無理かなと。 このまま様子見です。


みく2016

もう一つは、加齢からくる、椎間板ヘルニアのリスク。 仕方ない事ではありますが・・・。


みく0615

今回のレントゲンでも、あまり大きな悪化は見られませんでした。 とりあえず、ホッと一息。

血液検査は、すべて基準値以内。 まあ、血液検査結果は、あくまでもその時だけの参考値程度ではありますが、安心材料としては良かったかなと思いますよ(^^♪。


先生にも、年齢を考えれば、とても良い結果だねと褒めて頂きましたよ。 

みく2

我が家の元気印、頼りになる次男坊のミク (^^♪。 いつの間にか、14歳と6か月を過ぎてしまいました。 私の中では、ミクはいまだに壮年のままと思いこんだまま。 今も、ハイキングや鎌倉散歩に、力強く挑んでくれていますよ。


みく3

たくさん運動して、いっぱい遊んで、夏を前に体力を保って、厳しい季節を乗り越えようね。 レオン兄ィのことを、これからも守ってね!
次の健康診断は12月。 ミクが15歳を迎えるとき。 その時も変わらず、良い結果を出そうね(^^♪。



 

レオンの診察、元気回復(^^♪。

レオン0

さて、前回に続いて、プラーナ和漢医療アニマルクリニックへ。レオンの診察です。 イベントでも来たよね(^^♪。 その時に食べたスイーツやソーセージの事を想い出したかな(笑)。 今回は診察だからね。


レオン1

横浜のクリニック、お庭には素敵な紫陽花が咲いていました(^^♪。 とっても綺麗です!


レオンは、かかりつけ医で胸水と診断されています。 心臓や肺を包んでいる胸膜腔内の隙間に体液が溜まってしまう症状です。

レオン2

一般に、循環器や血管、血液、リンパ管などの異常や病気で発症します。 レオンは僧帽弁閉鎖不全症であり、その影響もあると思います。 液体が溜まっていくことで、呼吸障害が心配。

呼吸が辛くなったり、動きたがらなくなったりしたら、胸水を抜くことも必要です。 レオンは2回、胸水を抜き、今も検査を定期的に続けています。 1か月前の診察時は体調も心配で、運動を減らし、状況を見ようということで過ごしてきました。  

レオン
(診察を頑張って終えて笑顔!)

今回、胸水そのものは継続的に溜る状況は変わりません。 ただ、溜る状況を把握し、私達がレオンの症状を見る目も養われたことで、 体調は安定し、食欲もあることから、お散歩も従来の通り再開。 様子を観ながらですが、ツインズの鎌倉散歩にも嬉しいお墨付き (^^♪。 


頑張るレオンを応援すべく、美味しいご飯を(^^♪。 野菜たっぷり、愛情いっぱいのスープ!、なんだけど・・・。

レオン3

好き嫌いが多いんだよなあ、レオンは(;゚Д゚)。 シニアには厳しい日本の梅雨と夏。 乗り切るにはお散歩をたくさんして、身体に力を付けて心肺機能を安定させつつ、 血流を維持して代謝をあげる為の食事、水分吸収を助けるお野菜も、いっぱい食べて欲しいです (;^ω^)。 

正解が分からず、暗中模索の状況でも、出口を探して頑張らねば! さあ、梅雨入り前に、体力を付けなきゃね!


レオンの経過観察、ホッと一息(^^♪。

ここ数日、とても暑いと感じるときも多く、夏日なんて聞くとビックリですね(^^;。

暑い

ある日のお散歩で。 お水ちょうだいっていう顔かな? 確かに陽射しも強くて暑いよねえ(;^ω^)。 でも、元気にお散歩しようね!


暑い2

新緑の季節、緑も鮮やかでお散歩、楽しいね。 


ミク

何よりも、14歳を超えても元気いっぱい、健康力が高いミクにはいつも感謝(^^♪。 かかりつけ医の先生にも、プラーナの森先生にも、褒めてもらっているよね。


さて、一方、健康面で心配が尽きないレオン君(;^ω^)。 まあ、極度の心配症で、レオン依存症(笑)の私ってこともありますが・・・。 

レオン3

先日、胸に溜った胸水がいっぱいだと診断され、抜いてもらったレオン。 しばし、遠出を控えていて、経過観察が続いています。 昨日も、経過観察の日。 心配は、また胸水が溜っていないか、そして胸水の病理検査結果の2つです。


レオン
(ご近所のお寺さんで)

まず、胸水は多少は溜っているものの、安定した感じでした。 本当であれば、運動をして代謝させたいのですが、今は薬で代謝を促すように。 でも、長く薬を続けることだけは避けたいので、もう少し様子を観て、適度に運動もしなきゃと思っています。

病理検査結果も出ました。 レポートを見る限り、もっとも心配した悪性腫瘍や癌の進行、また抗がん剤治療が必要な状態ではない、という結果でした。 


レオン1

和漢医療の食事療法や運動などで体質改善を図ってきた効果もあるかな、と思います。 とはいえ、これから15歳を迎えるレオン。 僧帽弁閉鎖不全症の負担、胸水とその背後にある疾患の懸念はもちろん続きます。 

身体のバランスはますます、その維持が難しく、崩れたバランスを取り戻すのは今回もそうでしたが、本当に大変です。 より一層、気を付けて観ていてあげなければ、と痛感しました。


レオン2

不思議な八の字ポーズで (笑) 爆睡しているレオン。 胸水も抜いてもらったkら、呼吸や暮らしも楽になって安心できているかな。

シニアのワンと暮らした経験がない拙いパパですが(;゚Д゚)、 レオンの賢さと運の強さを信じていますよ。 何かあったら、ちゃんと伝えてね!



レオンの「胸水」悪化、治療の記録。

さて、まずは先日、横浜散歩をした時のお話(^^♪。 横浜の春はいつも賑わっています!

横浜1

横浜市が、昨年開催した第33回全国都市緑化よこはまフェアをきっかけに盛り上がった 「ガーデンネックレス横浜」 を2018年も開催(^^♪。


横浜2

綺麗な景色にレオミクもニコニコ(^^♪。 このお話はまた後程(^^♪。


★ ★ ★ ★ ★

今回は、昨日のレオンの記録として。 
次回の記事にしますが、プラーナ和漢自然医療アニマルクリニックの森先生に一昨日、見て頂いた際に、心臓が弱っているとのご指摘を頂きました。 胸水の悪化の懸念も。 お散歩は短く、まず心肺機能の回復を、と。

数日前から下痢や、咳の悪化があって、相談していたこともあり、覚悟はしていましたがちょっとショックでした。 様子を観ていたつもりでしたが、少し甘かったかなと思いました。

そして、昨日、森先生のお話もあり、急ぎ、かかりつけの先生に診て頂きました。 最大の懸念は胸水です。 普段の呼吸困難な様子までは無いものの、咳の回数が増えていました。 しかも、咳の大きさ、長さがこれまでとは異なっていました。


そもそもレオンの胸水は、かかりつけ医の健康診断で軽度な状況とされながらも発見。

胸水1
(2017年10月)

胸水2
(2018年1月)

3か月ほど前、1月の健康診断のレントゲン。 心臓の周囲を覆うぼんやりとした影。 胸水、心臓から逆流した血液などの可能性も含めて、要監視、というお話でした。

体内の水分を代謝する機能に異常が発生したことにより、心臓や肺を包んでいる胸膜に、漏れ出した体液や血液が溜る胸水。 今回は血液のようでした。 僧帽弁閉鎖不全症、あるいは、癌などが原因として疑われるため、胸水は病理検査へ。 結果は1週間後くらい。

咳がひどくなったら、胸水を抜かなきゃ、と注意していましたが、元気な様子のレオンにちょっと油断していた私。 結果、レントゲンを新たにとると、この影がさらに真っ白に。 先生の判断もあって、胸水を抜こう、ということになって、抜いていただきました。 500ccを越える量でした(;゚Д゚)。 


今になって考えれば・・・、

レオン

こうして横になって寝ていたレオンですが。


レオン2

最近は横になって寝ているよりも、こうして伏せて寝ていることが多くなっていました。 横になって寝ると、溜った胸水が肺を圧迫するなどして呼吸が辛くなり、 こうした態勢で寝るようになってきたのかと ・・・。


胸水を抜いてきたレオン。

レオン3

頑張ったね。 この後、楽になったからか、横になって寝てくれてました。 

昨年も春先、体調を大きく崩したレオン。 気温の予想外の上下、気圧の変化がもたらす体調への影響は、シニアの身体を蝕んでいるかな。 

しばし、お出掛けや日々のお散歩も控えて、様子を観つつ模索の毎日。 今回の経験を生かして、感度を挙げてレオンを見守らなきゃ。 体調が復活したら、また、ツインズで元気にお散歩したいと思います。 

前向きに、でも記録を残して見守りも感度を挙げて。 自戒の気持ちを忘れずに、と思います。


プロフィール

レオミク’sパパ

Author:レオミク’sパパ
レオン(セーブル)
  2003.6.5生まれ
ミク (ブルーマール)
  2003.12.22生まれ

我が家のシェルティ、レオンとミクを溺愛する夫婦の日記です。一緒に暮らし初めて、今年で15歳を迎えるレオミク。2014年の1月からブログを開始。沢山の思い出を残そうと思います。

お誕生日まであと幾つ寝ると...
シェルティ・レスキュー
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ