FC2ブログ

酸素ハウスを使いこなしてくれてます(^^♪。

前回の酸素ハウスの投稿で、ご心配と応援のコメント、元気玉を頂き、恐縮と感謝(;^ω^)。 レオン、頑張っています。 

レオン頑張る0
(今朝のレオン)

雨は降ったものの、今朝はまだ穏やかなレオミク地方。 レオンも笑顔です! とはいえ・・・、


レオン頑張る01

嵐の前の静けさかな?(;゚Д゚)。 これから台風上陸ですね(◎_◎;)。 レオミクのお友達もたくさん暮らしている地域、被害など、どうか出ませんように。 尻尾の家族たちも頑張って!


さて、前回の続きをもう少し。

レオン頑張る

酸素ハウス、病院へ行ったときにも治療の後で酸素ハウスに入ったりしていたので慣れているのか、上手に使ってくれているレオンです(^^♪。 居場所としても、気に入ってくれているようです。


レオン頑張る2

直ぐ近くにはミクもいて、私達もいますので、レオンも安心してリラックス(^^♪。 暮らしの中の変化にも、ちゃんと適応してくれているねえ!


レオン頑張る3

あの、と、扉が閉めにくいんだけど(笑)。 レオンの好きなように、自由気ままに、のんびりとした時間が流れています(^^♪。


レオン頑張る1

ということで寝落ち(^^♪。 しばらく酸素ハウスで呼吸を整えたら、こんな感じで寝てくれたりもします。 台風一過の暑さも、これで乗り切ろうね!

スポンサーサイト

酸素ハウスで、レオンをサポート(^^♪。

さて、今回は頑張ってくれているレオンの最近の様子を、残しておこうと思います。

頑張るレオン

急性腎不全から高カリウム血症のダメージで、腎臓ケアを頑張るレオン。 電解質、BUN等腎臓に関係する数値を検査しつつ、そのバランスを取るのが最も難しいなあと (◎_◎;) 四苦八苦している昨今です。

難敵は、やはり胸水です(;゚Д゚)。 腫瘍細胞が引き起こしているという推測でしかなく、 溜り具合が分からず(泣)。 そのため、昼でも夜でも、胸水が溜って呼吸困難の状態なら病院へ直行でした。

胸水の問題は、胸に溜った水が増えると、まずは肺を圧迫して呼吸が苦しくなる、ということです。 多い時には500ccも抜けることがありました(◎_◎;)。 

頑張るレオン1

でも、最近は、溜ったかなと思って抜いても、200㏄程度。 やはり以前とは違い、心肺機能が弱まって、胸水を押しのけてでも呼吸するだけ力が、少しずつ衰えてきているかな、と思っていました。

病院の処置はわずかな時間ではありますが、注射針を刺して抜く処置ですから、レオンには負担であることは間違いありません。 頑張るレオンを何かでサポートしたいなあと、かーしゃんとも相談した結果、 以前、かかりつけ医の先生に紹介して頂いた、「酸素ハウス」を使うことに!


酸素1

ということで (^^)/、早速、レンタルしてみましたよ。 おおっと、なかなかでっかい! 小型と中型ケージの2つがあり、我が家は中型にしてみました。 

レオンが中に入って、居心地、寝心地を見てもらいましたよ。 なんか、いい感じみたいです(^^♪。

酸素3

パンフレットを見た時、小柄なレオンなので、小型ケージでもいいかな?とも思いましたが、やはり、中型で良かった。 ゆったりサイズです! ちなみに、奥に見えるのが、高濃度の酸素を作ってくれる器械ですよ。 稼動音などを考慮した配置を模索中です。


酸素2

少し息苦しい様子が見受けられた時に、酸素ハウスを使ってみました。 レオン、何の抵抗もなく、スヤスヤと寝てくれています(^^♪。 良かった! 

注意事項や使い方についても、例えば置き場所や使う時間、湿度や温度をどう保つか、といった、使う側が十分注意をしなければならないことも多い機械です。 

でも、今のレオンにとて、一回の呼吸でたくさんの酸素を吸収できるメリットは大きいです(^^♪。 注意しながら、十分活用して、負担をさげてあげたいし、胸水を抜く回数も抑えてあげたいと思います(^^♪。

頑張るレオン2

便利な道具、ちゃんと使えば効果も期待できると思っています(^^♪。 穏やかで、ゆっくりとした時間の中で、快復へ向かわせてあげたいと思います。

頑張るレオン、秋はもうすぐだよ!

いろいろ抱えながらも、頑張ってくれているレオン(^^♪。 我が家の大切な長男坊、その笑顔は天使ですよ!

レオン1

急性腎不全、高カリウム血症の病状は好転していて、通院の頻度も大きく減少し、静脈点滴などの処置も今はありません。 レオンの頑張りのおかげです(^^♪。 


レオン2

心配していたカリウムの値は安定。 とはいえ、BUNは高い値のまま。 腎臓機能低下の心配は続いています。 食欲も落ちてしまう為、食事には工夫も必要な状況です。 

また、胸水に続いて腹水も観られ、体内で剥がれ落ちた細胞を、病理検査に出しています。 胸水の原因に繋がる嫌な結果も覚悟のうえですが、今は淡々とした毎日を送れています。


レオン3
(ありゃ、芝生に飛び込まないでね(;^ω^)

暑さが一時、遠のいて、こんなお散歩も少しずつ再開!と思いきや、びっくりする猛暑が台風一過で到来(◎_◎;)。 勘弁してくれ!って感じですね。 


レオン4

厳しい夏、本当に厳しい夏ですね(;゚Д゚)。 あと少し、あと少しで秋、と言い聞かせる毎日ですよ!


そんな中、胸水が溜ってしまう状況は変わらず。 高カリウム血症や腎臓ケアの為、水分補給を特に注意し、オシッコもたくさんしてくれていますが、水分が身体にたくさん入り、血流が増す結果、胸水も溜りやすい状況です(;゚Д゚)。 

レオン5

ですので、溜ったなあ、という状態を感知したらすぐに病院へ。


レオン90

この時も、胸水を抜き、脱水症状に配慮して皮下輸液をしてもらって帰宅。 
 

レオン92

レオンに笑顔が戻ると嬉しいですよ(^^♪。 胸水を放置すると、呼吸困難になりかねないので要注意。 これからも見守って行かなきゃ。


レオン91

ミクもレオンの帰りを待っていてくれています(^^♪。 一安心だね。


レオン99

いっぱい甘えて、たくさん食べて寝て、元気に秋をまとうね!

レオンの闘病、出来る限り、察してあげねば!

さて、先週木曜日夜のレオンの様子から。 これもまた、大切な記録です。

レオン0

昼間の検診で、ちょっとカリウムイオンの値が高い状態。 皮下輸液をして頂き、様子見としました。 しかし、思わぬ悪化、また以前の急性腎不全のような状態に見えました。


レオン

迷いつつも、とりあえず行ってみようということで、夜間病院へ出撃しました。 ミクがたっぷりと元気玉を注入です。


到着して診察して頂くと驚きの事態。 カリウムイオンの値は急性腎不全の時を上回る、8.4。 心電図を取ってみると、カリウムの悪影響は、不整脈を引き起こすまでになっていました。

レオン00
 
カリウムは、高い状態が続くと最悪の場合、心臓を止めてしまいます。 先生からも厳しい言葉が💦。 


レオン2
 
でも、今はレオンのチカラを信じるのみです。 先生から受けた説明はレオンの状態を「高カリウム血症」との判断によるものでした。 点滴と共に、高カリウム血症に有効な治療に入って頂きました。


そして2時間程が経過。 

レオン1

レオンの目に、輝きが戻っていました。 心電図を見ると、不整脈が消え、通常の波形に戻っていました。 治療が効いている様子にひと安心。 慎重に状況を見つつ、先生からも安堵の言葉が。 


そして、さらに3時間が経過。

レオン9

おお、立ってる(;^ω^)、大丈夫?って声をかけて撫で撫で。 来た時とは違う、チカラも戻っている気がしました。 カリウムイオンの値も5.8まで一気に低下。 もちろん、心電図も問題無です。


そして、さらに3時間余が経過。

レオン91

先生から、もうダイジョブとのお言葉(^^♪。 レポートを書いていただき、かかりつけ医の先生へとバトンを渡して頂くことになりました。


金曜日の明け方くらいには、元気になったからか、「もう帰るっ」と、駄々をこねたりしていたようです (;^ω^)。 

レオン3
 
朝7時半、手続きを終えて帰り支度、嬉しいな。 でも、ちょっとキレ気味の視線かな(笑)。 はいはい、帰ろうね。 

この後、ちょっと家によって、かーしゃんとミクに無事な顔を見せた後、かかりつけ医の元へ。 先生にレポートを見ていただき、点滴治療を続けることに。 長丁場ですが、レオンも体力が戻り、頑張ってくれそうでした。

問題はカリウムイオンの値が、上昇してしまう状態。 今回は急性腎不全ではなく、高カリウム血症という状態を踏まえ、カリウムの意を抑え込むことを最優先。 点滴を継続。 夕方のお迎え時にはカリウムイオンの値は3.6。 正常値内で安堵。 溜った胸水も抜いていただきました。


嬉しい1

嬉しいよね。 出迎えてくれるミクの笑顔も輝きます。 レオンの身体に、力が戻っていることを感じ取ってくれているみたいです。


寝姿

夜間病院への出撃は、これで4回目。 往復の移動、移り変わる身体の状況、様々な治療を切り抜けてくれたレオンには、感謝の言葉しかありません。 頭のいい子だから、私達が焦る様子、会話の中身、病院へ行くのだなと分かった表情・・・、ちゃんと分かっているんだね。 


嬉しい3
(お~い、首、痛くないのかな汗) 

状態を察して、夜中だろうと出撃は躊躇せず、という気構えは変わらず。 でも、さらに一歩進めて、夜間の出撃は無いようにしてあげたいですね。 かかりつけ医の先生とも相談し、朝の点滴、夕方の胸水とカリウム値のチェック、という形に変えて、治療の効果をしばらく把握することに。 


嬉しい4

そして食事も重要。 体力の回復も優先ですが、タンパク率、リン、ナトリウムを抑えた栄養補給って(;゚Д゚)、何と難しい。 先生からは、しばし、炭水化物を軸に影響補給とのお話も頂きましたが、お粥や雑炊は口にしてくれないレオン(◎_◎;)。  

ここは、かーしゃんの愛情御飯と、アイデアにお任せ (^^♪。 その甲斐あって、食欲も、徐々に回復のレオン! 

毎日の状況に一喜一憂していても仕方ないと前向きな気持ちで(^^)/。 数えきれない幸せを運んできてくれたレオンに、今、私は恩返しの気持ち。 今、私の足元には、スヤスヤと眠るレオミクが(^^♪。 う~ん、寝顔が可愛い、そして幸せ(笑)。 明日の朝も、同じ気持ちでいられるように、と思います。

 

おかげ様で、レオン頑張ってます(^^♪。

たくさんの励ましのお言葉をいただき、元気玉もいっぱい(^^♪、ありがとうございました。

れおん

通院や検査を頑張ってくれているレオン。 少しずつですが、こうして点滴の針も常時装着ではなくなり(^^♪、笑顔もいい感じに。


れおん1

毎日毎日、状態も少しずつ違ったり、胸水を抜いたりと、油断は出来ませんが、楽しい時間を増やしていってあげたいです。

お友達の皆様へ、レオンから、「ありがとうございます。のんびり、無理せず、頑張ります!」 (^^♪。


プロフィール

レオミク’sパパ

Author:レオミク’sパパ
レオン(セーブル)
  2003.6.5~2018.9.12
ミク (ブルーマール)
  2003.12.22生まれ

我が家のシェルティ、レオンとミクを溺愛する夫婦の日記です。一緒に暮らして15年目を迎えるレオミク。レオンは今年9月に虹の橋を渡ってしまいましたが、我が家のブログにはずっと登場。沢山の思い出を綴ります。

お誕生日まであと幾つ寝ると...
Life With Sheepdog
シェルティ・レスキュー
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ