レオンの健康診断、再検査。

さて、昨日は雨を警戒しつつ、朝から円覚寺さんへとお出かけしました。

れおん00

れおん0

円覚寺散歩のお話は次回。 今回はその後に行った、レオン君の心臓検査を。 もともと、リンパの腫れ、僧帽弁閉鎖不全症の悪化の2つの心配事に対して、経過観察を続けています。


僧帽弁閉鎖不全症の悪化については、どうしようもない現実として迫ってきました。

れおん2
         (8月の再検査)                   (今回9月の検査)

右が8月の経過検査、そして、今回が右側です。瘤のようになって、左心室が広がってきています。それだけ、弁が大きくなってしまい、血液もうまく流れず、このような姿になっているようです。


れおん9

先生とも相談し、従来の血管膨張薬に加えて、強心薬を投与して、心臓のポンプ機能を高めて血流を改善し、肺水腫のような次の懸念を抑えようということに。一生付き合うお薬が増えていきます。
薬は大っ嫌いな私ですが、今の症状はどうにもなりません。


れおん1
         (8月の再検査)                   (今回9月の検査)

心臓の真上、リンパの腫れのような症状。 残念ながら消えてはおらず、少し大きく、くっきりとしてきたようにも思えます。ただ、今回も、例えばリンパ腫のような進行の速さではないため、再検査。経過を見ていくことに。


れおん11

経過検査はまた1か月後です。
以前、お世話になった森先生にも相談して、ご意見を伺おうと思います。 かーしゃんが、心臓の動きを助ける食事を考えてくれています。 これからも、健康寿命第一、まだまだ頑張ってもらわなければ困るよレオン! ミクと一緒にツインズで頑張ろうね。


★ ★ ★ ★ ★

昨日は検査の後、九州上陸などのニュースをみつつ、パパは仕事へ(;^ω^)。 台風が心配ですね。 奄美を含む九州北部と四国、中国、近畿では雨も強く。 どうか、被害など出ませんように。



スポンサーサイト

健康寿命への思いを新たに(^^♪。

レオミク5

何気ない日常のお散歩が、変わってきています(^^♪。 お友達から頂いた靴がお気に入りのレオン。


レオミク1

それまで肉球の痛みから、アスファルトを歩くのを嫌がっていましたが、その痛みが和らいだことで、お散歩でいっぱい歩いてくれるようになりました(^^♪。 朝散歩でも、バギーや抱っこが減りましたよ(^◇^)。


レオミク2

レオミク3

ご機嫌なレオミク(^^♪。 やっぱり、ミクはレオン兄と一緒に歩けるのが嬉しいよね。


レオミク4

大好きな神社でも、良く見るとアスファルトが。痛みがある肉球では嫌がりましたが、今はこの笑顔です。肉球は、ホットソークやかかりつけ医に頂いた保湿クリームも併用して改善中(^^♪。


以前記事にも書きましたが、サラシリちゃん家とのご縁で、森先生に診て頂いて、食事への改善と体重を0.5キロ落とそうか、というアドバイスを受けました。 かーしゃんが食事の転換を上手にしてくれて体重を調整中。

レオミク6

レオンが「僧帽弁閉鎖不全症」 と診断されて3年。 咳が増えてきたなあとか、心臓が肥大してきたなあと悩んでいましたが、6.2キロの体重が5.9キロになってきたあたりで、(パパの勝手な印象ですが) 咳が減ってきたと感じていますよ。


明日は、レオンと病院へ。 前回の心臓の経過検診時に、リンパの腫れや心臓肥大の懸念から、「3か月後に経過を診ましょう」 と言われた再検査の日。

レオミク9

いっぱい遊んでいっぱい寝ていっぱい食べて。 そして何より、ツインズの代名詞! 鎌倉散歩を頑張って、たくさん歩こうね! 毎日、いっぱい歩いて、健康寿命を伸ばさなきゃね!



レオンの健康診断、再検査。

7月8日の健康診断で、レオンのレントゲンに、怪しい影が2か所。この時、先生から再検査を1か月後に、ということで、行ってきました。

レオン
(7月8日のレントゲン)

レオンは、心臓に、僧帽弁閉鎖不全症、という病を抱えて3年。 その心臓の上に、怪しい影が。


1か月後の8月4日、レオン、レントゲンで再検査です。

レオン1
(8月4日のレントゲン)

確認したかったのは、この影の正体。 場所としては、2か所ともリンパのあたり。 最悪を予想すれば、悪性のリンパ腫。

レオン2
(8月4日のレントゲン、問題の場所)

しかし、1か月という時間の経過に、変化が見られませんでした。 もし悪性のリンパ腫なら、急激に成長していると思われるとのこと。 触診で、身体の他のリンパや、エコーで腸を見て頂きましたがそこでもその兆候がない様子。さらに、昨年の12月の健康診断のレントゲンを見てみると、今から思えばうっすらと影が見えるかな、という感じでした。

今のところ、最悪のリンパ腫ではないように思えます。 あるいはリンパの炎症の疑いも持ちにくいとのこと。
何らかの内臓の異変に、リンパが闘っているのでは、とも思われます。

全身麻酔をして、病理検査のために細胞を摘出するには危険な箇所。また、年齢的にも厳しい検査。 相談の上、また1か月後、経過観察ということにしました。


レオン君。 お友達が元気玉を送ってくれているよ。 ミクと一緒に、ツインズで頑張ろうね!

レオミク


半年に一度の健康診断~(^^♪。

今回は、レオミクの健康診断のこと。 大切な我が子の記録として残しておこうと思います。

さて、まずは、健康診断前夜の様子から(^^♪。 健康診断は負担でもありますから、レオミクに激励の御馳走を(^^♪。

ダイン0

どこへ行くかを悟って笑顔が爆発(笑)。


ダイン1

ということで、ご近所のカフエ、「cozy-cafe DAIN」 さんですよ! 我が家のブログにもインスタにも度々登場する、レオミクがお気に入りのカフェですよ!


ダイン2

ダイン3

レオミクは、お店に突撃(^^♪。 とってもオシャレなカフェですよ。


ダイン4

すでに、期待全開のレオン君(笑)。 待っていてね~。


ダイン7

まずは、私たちも、とっても美味しい夜ご飯を頂きましたよ(^^♪。


ダイン5

ダイン6

そして、レオミクがキラキラなおメメでお待ちかね。プレミアムハンバーグですよ~(^_-)-☆。 さあ、健康診断、頑張ろう!


★ ★ ★ ★ ★

さて、そんな感じでレオミクを元気つけて(;^ω^)、健康診断へ。
レオン君14歳、ミク君も13歳。 いろいろあって当然の年齢ですが、やはり心配なのは、お兄ちゃんのレオン君。 僧帽弁閉鎖不全症、という心臓疾患を患って3年目になります。

僧帽弁1
(お借りいたしました)

簡単に言えば、心臓の左心室と左心房を隔てる僧帽弁という弁が完全に閉じず、血液が逆流してしまう僧帽弁の疾患です。レオンはその症状の悪化、そして何よりも、疾患と闘う為に心臓が頑張りすぎて、肥大してきていることが心配です。 投薬治療はこれからもずっと。 また咳がひどくなる、心拍数が上がるなども含めて、突然の悪化の恐れもあります。 目が離せないです。 今後、心臓の検査は3か月に1度程度に頻度もアップです。 また、今回、心臓の上部に「影」のようなものが観られたため、1か月後に再検査。 ため息もいっぱいでした・・・。 とはいえ、今はとても元気なレオン、疾患の状態に合わせつつ、これからもお散歩にグルメを楽しまねば、と思います(^^♪。

レオミクが揃って良くなかったのは、「BUN」という腎臓にかかわる数値が僅かにオーバー。これは再検査して、様子見です。また、同じく心配な「脊椎症」 の状態は、悪化はなくて変わらず。 継続的に様子見です。

心配の種は尽きませんが、終わってホッと。

ご褒美1

ご褒美2

お疲れ様、頑張ったね~(^_-)-☆の、スイカをぱくりと頂きましたよ(^^♪。 さあ、これからも無理せずのんびり、頑張って長生きしなきゃね!



★ 情報があれば、教えて下さい ★

これは、お願いの記事になります。
我が家のレオミクの大切なお友達が、病気と闘ってます。お名前は申し上げられません。

病名は、
【免疫介在性血小板減少症】
とお聞きしました。たいへん、怖い病気です。しかも、本来、効果が期待できる、『ガンマーガード』と言う特効薬が効かなかったそうです。厳しい状態と伺っております。

もし、何か情報があれば、お手数ですが、コメントで情報など、頂けると嬉しいですm(__)m。
公開したくない情報は、鍵コメントで頂けますでしょうか。頂けました情報は、そのお友達だけにお伝え致します。

何卒、よろしくお願いします。
プロフィール

レオミク’sパパ

Author:レオミク’sパパ
レオン(セーブル)
  2003.6.5生まれ
ミク (ブルーマール)
  2003.12.22生まれ

我が家のシェルティ、レオンとミクを溺愛する夫婦の日記です。一緒に暮らし初めて、今年で14歳のレオミク。2014年の1月からブログを開始。沢山の思い出を残そうと頑張ってます。

お誕生日まであと幾つ寝ると...
シェルティ・レスキュー
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ